日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆埼玉県警で少年健全育成県民大会を開催

埼玉県警は少年の非行防止と健全育成を目的に「第28回少年健全育成県民大会」を開催した。非行防止活動に功労のあった個人や店舗を表彰したほか、大会宣言の採択などで取組みのさらなる推進を図った。冒頭の主催者あいさつでは杵淵智行本部長が、県販売防犯連絡協議会と連携し「少年の規範意識の醸成と家庭における非行防止教育に関する啓発活動を推進していく」と述べた。
   

◆佐賀県警で交通安全教育のグランプリ

佐賀県警は第一線で交通安全教育を担当している警察官が交通安全教育の技能を競う「T1グランプリ『Traffic Safety Education No.1』」を開催した。県下3ブロックの予選を勝ち抜いた6人が出場し、「地域の老人クラブ50人を対象に講話する」との想定に臨んだ。持ち時間は各20分。身ぶり手ぶりを交えて、うちわなどの自作の小道具を使い、それぞれが工夫を凝らした持ち味のある講話を披露した。競技後は、警視庁交通総務課交通安全教育技能指導員の白水貴子巡査部長による講演も行われた(写真)。

             

◆富士吉田に地域安全ステーションが誕生

山梨県富士吉田署は地域の防犯拠点とするため、管内富士吉田市の協力を得て、富士吉田明見コミュニティセンターを地域安全ステーション(名称:富士吉田市地域安全ステーション)として指定した(写真)。自主防犯ボランティア団体などが、地域防犯活動に使用する装備資機材の保管、情報交換等の拠点に利用している施設をあらためてステーションとして指定。地域安全活動の出発拠点、地域安全情報の集約・発信拠点として活用する。

富士吉田に地域安全ステーションが誕生

◆交通安全巾着を女性職員がデザイン

鳥取県浜村署は上向きライト、前向き駐車、ポンピングブレーキをドライバーに呼び掛けるため、署独自キャラクターが描かれた巾着袋「交通安全HAMA警袋」を作製し(写真)、高齢ドライバーに配布している。キャラクターは、女性の視点に立った警察活動を実践しようと、同署女性職員3人で構成する「KAiガールズ」がデザインしたものを採用した。

交通安全巾着を女性職員がデザイン

 

~放射塔~小学生のれんこん収穫体験で地域の大人とふれあい

○…非行少年を生まない社会づくりのため、愛知県警本部少年課と津島署は、小学生によるれんこんの収穫体験を行った。
○…児童は長靴を履いて田に入り、地元JAあいち職員や生産農家の指導でれんこんを収穫。自分の身丈ほどにもなるれんこんを手に笑顔を見せた(写真)。この日は愛西市のマスコットキャラクター「あいさいさん」や「コノハけいぶ」も収穫作業に加わり、汗を流す児童を激励していた。
○…収穫後は児童と地域の大人が白玉だんごをつくり、一緒に食べる食育体験も実施。参加した小学生は「地元のおじさんたちと一緒にれんこんの収穫ができて、大人の心の温かさを感じた」と喜んでいた。指導に当たった地域住民は「泥だらけになりながら必死になってれんこんを掘っている子供たちの姿は頼もしく見えた」と話した。

小学生のれんこん収穫体験で地域の大人とふれあい

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer