日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁サイバーセキュリティ重点施策2014-2015を策定

警察庁は「警察庁サイバーセキュリティ重点施策2014-2015」を策定した。日々変化するサイバー空間の脅威に的確に対処するため、これまでの取組状況を検証するとともに、今後取り組むべき施策を整理・策定したもので、▽サイバー空間の脅威への対処能力の強化▽サイバー空間の脅威に対する体制的基盤の強化▽サイバー空間の脅威を低減するための措置―を推進する。
   

◆高知県警で性犯罪被害・いじめテーマのDVD制作

高知県警はネット世界に潜む性犯罪の危険性や、いじめから発展する犯罪等に焦点を当てたDVD2編(性犯罪被害編・いじめ編)を制作した。警察本部が県地域福祉部、県教委と連携して推進する「高知家の子ども見守りプラン」の一環。県内全署や関係機関などに配布し、非行防止教室などで利用する。DVD制作は、夏休み期間中のテレビCM放送、県警ホームページでの啓発動画の公開に続く第3弾の施策で、県警はネットの危険性やいじめから子供を守る県民意識の向上を目指している。

           

◆郵便局の局長らに特殊詐欺の研修会

特殊詐欺被害を水際で阻止するため、山梨県警は3回にわたり、県内郵便局の局長や防犯推進リーダー、窓口担当職員らを対象とした研修会を、甲府市太田町の甲府中央郵便局で実施した。局長ら対象の研修会では、県警が県内での特殊詐欺の被害状況、未然防止状況、犯行手口の特徴、金融機関窓口等での水際対策の重要性などについて説明した。

◆自治体主体の「高齢者交通安全のつどい」を開催

長崎県新上五島署管内で高齢者約400人が参加する「高齢者交通安全のつどい」が開催された(写真)。県警が同署を今年1年間の「高齢者交通安全モデル警察署」に指定したことを受け、自治体に発足した地域交通安全推進連絡会が主体となって企画。少しでも交通事故防止の意識を高めてもらうねらい。

自治体主体の「高齢者交通安全のつどい」を開催

~放射塔~鬼太郎とちびっこ警察官で交通安全の大行進

○…鳥取県境港署は「秋の全国交通安全運動」の一環で「妖怪大行進」と称した交通安全啓発パレードを実施した。境港市出身の漫画家水木しげる氏の代表作品「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎やねこ娘などの妖怪11体が、警察制服を着た幼稚園児など約60人と一緒に「水木しげるロード」を練り歩いた(写真)。
○…「交通安全運動実施中」の横断幕を持った市長らを先頭に、県警音楽隊が演奏する「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ曲に合わせて行進。年間約300万人の観光客が訪れ、この日も多くの市民や観光客で賑わう県内有数の観光地で交通安全を呼び掛けた。

鬼太郎とちびっこ警察官で交通安全の大行進

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer