日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆行政対象暴力に対する関係省庁等連絡会議を開催

「第12回行政対象暴力に対する関係省庁等連絡会議」が警察庁で開かれた。会議には同庁はじめ関係省庁等18機関、オブザーバーの全国暴力追放運動推進センター、日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会等6機関の担当者が出席した。席上、同庁の樹下尚組織犯罪対部長が挨拶。このあと行政対象暴力対策の進捗状況の説明、関係省庁による取組状況の紹介(不当要求防止に関する要綱の制定状況・不当要求対応事例等)、それに外部専門機関からの発言があった。
 

◆愛知県警でネットバンキング不正送金の対策会議

インターネットバンキング口座から現金が不正送金される被害の発生が地方銀行等で急増していることから、愛知県警は県内に本店を置く地方銀行や信用金庫など20金融機関の担当者らを集めて対策会議を開いた。県警担当者がインターネットバンキングに係る不正送金事犯の現状や手口について説明した後、地方銀行と信用金庫から不正送金を未然に防いだ事例を紹介。また、参加者で「ワンタイムパスワード」導入や不正利用されている口座の監視などセキュリティ強化について意見を交換した。

           

◆福知山署で女性警察官の「なでしこ隊」が発足

京都府福知山署は8月豪雨(16~17日)で福知山市内全域が水没被害を受けたことから、女性警察職員11人からなる「福知山警察署なでしこ隊」を発隊した。11人は移動交番車で被災地や避難所への巡回連絡、防犯広報に従事。被災地でごみの持ち去りやボランティアを名乗る不審者らによる窃盗被害などが発生しており、防犯指導にも力を入れている。

◆長崎県川棚署で地滑り想定の避難訓練

防災週間中の8月31日、長崎県川棚署は管内の東彼杵郡波佐見町野々川郷で、大規模な地滑り災害の発生を想定し、高齢者を中心とした避難訓練を実施した(写真)。住民参加型の訓練で住民の防災意識を高めるねらいで、参加者全員が避難経路や手順を確認した。

長崎県川棚署で地滑り想定の避難訓練

~放射塔~香川県警作製の交通安全扇子が好評

○…香川県警は、今年県内での交通死亡事故の約6割が交差点や交差点付近で発生している現状を踏まえ、「止まる。見る。待つ。」というメッセージをあしらった交通安全啓発扇子(写真)5,000本を作製した。
○…昨年に続く2度目の取組み。県警では「歩行者・自転車・四輪全ての立場の人に『止まる。見る。待つ。』の安全行動の励行」「暑さを扇子の柔らかい風で吹き飛ばし冷静な運転や歩行を」という二つの思いを扇子に込めたとしている。
○…メッセージのほかに、県警マスコットキャラクター「ヨイチ」を白色で配した落ち着いたデザインで、全体の色を県木のオリーブ色とし、老若男女を問わず使用できる。扇子は地元新聞に掲載されたことで、県警には問い合わせの電話が相次いでいる。

香川県警作製の交通安全扇子が好評

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer