日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期のサイバー補導の実施状況

警察庁は平成26年上半期の「サイバー補導の実施状況」をまとめた。「サイバー補導」は、インターネットの利用に起因する福祉犯から児童を保護するため、児童が援助交際を求める等のインターネット上の不適切な書き込みをサイバーパトロールによって発見し、書き込みを行った児童と接触して直接注意・指導を実施する活動。平成25年10月から実施している。上半期は220人を補導、このうち約6割は非行・補導歴のない児童だった。
 

◆富山県警で爆発物処理等の事案対応訓練

富山県警は来秋に開催予定の「第35回全国豊かな海づくり大会」に備え、大会の放流会場に予定されている射水市海王町の海王丸パークで、伏木海上保安部と合同の事案対応訓練を実施した。約60人が参加し、水難救助や爆発物処理(写真)、侵入者排除の3想定に挑んだ。

富山県警で爆発物処理等の事案対応訓練            

◆岡山県警で交通街頭活動中の現場対応競技会

岡山県警は交通事故現場での交通規制・整理の経験が少ない若手地域・交通警察官を対象に「交通街頭活動中における現場対応競技会」を、県運転免許センターで開いた。実務能力の向上と受傷事故防止の徹底がねらいで、競技のほかに、実技教養や受傷事故防止教養も行った。

◆大阪府旭署でトラック対象の車両検問

トラックが関連する交通死亡事故を防ごうと、大阪府旭署は大阪市旭区中宮の市道でトラック対象の車両検問を行い、ドライバーに交通事故防止を呼び掛けた(写真)。例年8月第5週から9月第3週にかけて、事業用貨物自動車の交通事故死者数が増加傾向にあることを受けての実施という。

大阪府旭署でトラック対象の車両検問

~放射塔~職場見学会の体験が夏休みの良い思い出に

○…島根県雲南署は職員家族が勤務環境などを見学する「うんなんポリスステーション見学・体験ツアー」と題した職場見学会を開催した。子供を含む家族36人が署を訪れ、庁舎内各課執務室や道場から、取調室、保護室、さらに仮眠室までありのままの勤務場所に目を凝らした。
○…昨年から開いており、夏休みの恒例施策となりつつある。今回は署員が特技を紹介する場も設け、音楽隊員がアルトサックス演奏、6月に雲南市で開催されたNHKのど自慢でチャンピオンに輝いた地域課員が歌声を披露し、大きな拍手を浴びていた。
○…その後、子供たちは白バイやパトカーはじめ、大楯や防弾ヘルメット、耐刃防護衣の装備品の見学と鑑識課員の指紋採取実技(写真)に目を輝かせた。この日の署内は多くの笑顔で溢れ、家族からは「とても良かった」との声が上がった。子供たちも「夏休みの良い思い出になった」と喜んでいた。

職場見学会の体験が夏休みの良い思い出に

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer