日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の少年被害刑法犯

警察庁は平成26年上半期の「少年の犯罪被害」「いじめに起因する事件」「校内暴力事件」についてまとめた。少年が主な被害者となった刑法犯の認知件数は8万4,641件で、昨年同期に比べ減少、性犯罪被害も減少したが、3年連続で2,000件を上回っている。また、学校でのいじめに起因する事件数、人員も高水準で推移しており、検挙・補導人員の約7割が中学生だった。
 

◆宮城県警と仙台市で連絡会議

宮城県警と仙台市との連絡会議が仙台市役所で開かれた。横内泉本部長と奥山恵美子市長のあいさつに続いて、「子ども・女性の安全対策」「市中心部における防犯対策の強化」「自転車安全利用推進」などを協議。両者が抱える課題や問題を共有し、その対応などの方向性について確認した。

           

◆愛知県警の女性機動隊が災害警備訓練

愛知県警女性警察官機動隊は、災害対策課員や機動隊員の指導・助言を受け、豊橋市野外教育センターで災害警備訓練を実施した。災害現場で女性警察官機動隊に求められる被災者への適切な対応要領や知識の習得が目的で、隊員33人と中部空港署の女性警備隊員2人が参加した。広域緊急援助隊特別救助班の機動隊員の指導で、災害警備活動マニュアルをもとに▽救護所となる幕舎・エアテントの設置▽JPTEC(外傷病院前プログラム)やトリアージ、梯子を活用した救助(写真)―等に取り組み、災害対処能力の向上に努めた。

愛知県警の女性機動隊が災害警備訓練

◆島根県浜田署で「高齢者どんちっち運動」を展開

島根県浜田署は高齢者の総合的な対策として、4月から「高齢者どんちっち運動」を展開している。高齢者の人命、財産に直結する「交通事故・特殊詐欺・鍵掛け」の予防対策を重点的に取り組むもの。運動を進めるにあたり同署は市に働き掛けて「高齢者どんちっち運動啓発パレード」も実施。市長や市議会議長はじめ、管内の交通安全・防犯団体や高齢者支援機関など約40団体約300人が参加し、運動を広く市民に広報した(写真)。

島根県浜田署で「高齢者どんちっち運動」を展開

~放射塔~座禅で心を静め学校生活を振り返る

○…新潟県警察学校は、初任科生長期課程53人を対象にNHK大河ドラマ「天地人」の舞台となった雲洞庵で座禅体験研修を実施した。
○…勉学や術科訓練で慌ただしい毎日を送っている学生に、心を静め、学校生活を振り返る時間を与えようと企画したという。学生のほとんどが初めての体験で、住職から足や手の組み方、心の持ち方などを教わり、50分間の座禅に臨んだ(写真)。住職から「優しい心を持った警察官になってください」と言葉を掛けられ、自然の香りや音を感じながら警察官としてあるべき姿を再認識していた。
○…学生は「こんな有名なお寺で座禅を経験できて幸せです」「今までの学校生活を振り返る良い機会でした」と話すなど、有意義な時間となった様子。今後も同校は、学生の常識の涵養や見聞を広めるための校外研修を行う予定という。

座禅で心を静め学校生活を振り返る

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer