日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の暴走族動向と検挙状況

警察庁は、平成26年上半期の「暴走族の動向及び検挙状況等」をまとめた。い集・走行回数、参加人員、参加車両台数は昨年同期に比べいずれも増加に転じた。また、総検挙人員は、道交法違反など7,570人で、昨年同期に比べ減少した。全国の警察では、引き続き、多角的な法令適用による取締りを推進するとともに、い集・走行できない環境作りを拡充していく。
 

◆女性が笑顔で安心して働くための研修会を開催

北海道警本部地域企画課鉄道警察隊は本部教養課、札幌方面中央署と合同でJR札幌駅商業施設で働く女性職員が笑顔で安心して働くための研修会を開催した(写真)。女性社員が接客上で体験した困りごとや悩みごとについて、各商業施設相互で情報交換をし、対処方法や事件事故発生時の通報要領などを理解するもの。JR北海道の女性客室乗務員はじめ、駅構内の商業施設に勤務する女性社員約30人が出席した。

女性が笑顔で安心して働くための研修会を開催            

◆滋賀県木之本署で「チャイルドボイス作戦」展開

高齢者を特殊詐欺被害や侵入盗被害、交通事故から守る方策として、滋賀県木之本署は子供の声で被害防止を呼び掛ける「チャイルドボイス作戦」を実施している(写真)。青パトを有する自主防犯団体の「長浜市防犯自治会伊香地区」と「伊香防犯パトロール隊」が防犯パトロールの際に、地元木之本幼稚園そら組(年長組)の園児29人が吹き込んだ啓発メッセージを街頭で流すといった取組み。高齢者は子供の声なら敏感に反応して聞き入ると考え、同署が2団体に提案した。

滋賀県木之本署で「チャイルドボイス作戦」展開

◆事故死幼児の育てたひまわりの種が満開の花に

平成23年に京都府内で発生した交通事故で命を落とした幼児(当時4歳)が育てていたヒマワリの種が、京都府亀岡署の花壇で満開の花を咲かせている(写真)。2年前に幼児の両親から種を託された署員が、交通死亡事故ゼロを願って春に植えたものが約2㍍の高さになり、大輪を咲かすほどに成長した。

事故死幼児の育てたひまわりの種が満開の花に

~放射塔~オープンキャンパスで警察学校の生活を体感

○…石川県警は、県警察学校でオープンキャンパスを開催した。参加者は校舎や学生寮など各施設を見学した後、点礼教・逮捕術の授業体験、白バイ隊員によるスラローム走行の見学、初任科生らとの懇談会などを実施した。
○…開会に当たり、島崎賢之進学校長が「警察官は県民のために働いていることを日々実感することができる職業です。是非オープンキャンパスを参考にして、警察官という職業を目指してください」と呼び掛けた。参加者と学校入校中の初任科生、採用リクルーターとの懇談では、男女別の少数グループに分かれた参加者が、和やかな雰囲気のもとで積極的に質問を投げ掛けた(写真)。
○…警察に対する理解や憧れを深めた参加者は「施設見学や模擬授業を通して警察学校でどのような生活をするのか学ぶことができた」「懇談会で生の警察官の話を聞くことができ、勉強になった」と感想を述べていた。

オープンキャンパスで警察学校の生活を体感

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer