日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆秋の全国交通安全運動推進要綱決まる

政府の中央交通安全対策会議交通対策本部は「平成26年秋の全国交通安全運動推進要綱」を決めた。同運動は内閣府、警察庁、関係省庁、各都道府県、関係団体等が主催し、9月21日から10日間展開される。「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本に、▽夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶―の全国重点が掲げられている。
 

◆愛知県警で危険ドラッグ総合対策本部を設置

愛知県警は危険ドラッグの供給を遮断するため、危険ドラッグ総合対策本部(7月23日に「脱法ドラッグ」から改称)を設置し、16日に同対策本部会議を開催した。会議冒頭、木岡保雅本部長が①各部門との緊密な連携による乱用者の取締りと販売店等に対する突き上げ捜査の徹底②関係機関との連携による各種対策の推進―などを訓示し(写真)、組織の総合力を発揮した取組みを積極的に推進することにした。

愛知県警で危険ドラッグ総合対策本部を設置        

◆広島県警と児童相談所で虐待対応の訓練

広島県警と県の主催で「警察と児童相談所による児童虐待事案対応合同訓練」が県東部運転免許センターで開かれた。県警本部と県東部の8署はじめ、県こども家庭課、県東部こども家庭センター、広島市児童相談所、県東部5市町の児童福祉主管部局、福山市内の民生・児童委員から計68人が出席した。

◆職質技能指導官が初任科生に疑似体験型教養

青森県警察学校は、初任科・初任補修科学生に「職務質問による犯罪の検挙」の重要性を認識させ、職質技能を向上させるため、本部地域課の職務質問技能指導官による教養を実施した。学生は、覚醒剤所持など各種想定に基づくロールプレイング方式などの職務質問の疑似体験に挑んだ(写真)。本番さながらの緊張感や難しさ、危険性を再認識し「話術の能力を上げたい」と話すなど、技能習得への意識向上が図られた。

職質技能指導官が初任科生に疑似体験型教養

~放射塔~颯爽と「ウェスタンくん」が初出動

○…新潟県新潟西署は交通安全や防犯対策などの広報活動に役立てようと、署独自のマスコットキャラクター「ウェスタンくん」を製作した。署員の応募作品22点から選ばれたアイデアを原案に、署員代表による製作委員会のメンバー9人が、約1カ月をかけて着ぐるみ(写真)を完成させた。
○…身長約1.8㍍、腰回り約2.6㍍のふっくらとした体格で、名前は「新潟西署」にちなんで命名された。「夏の交通安全運動」初日の7月22日、新潟市西区の坂井輪東幼稚園へ“初出動”。署員が紙芝居で交通安全や防犯対策を説明した後、ウェスタンボードに乗って颯爽と現れ、園児たちの黄色い歓声に応えていた。
○…その後は、缶バッチや塗り絵を配って園児と交流し、夏休み中の交通安全や水難事故防止を誓い合った。警察署でのキャラクター制定は県内初の試みで、同署は今後も交通安全教室や防犯活動に活用する方針という。

颯爽と「ウェスタンくん」が初出動

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer