日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆夏季に増加目立つ交通事故の特徴と対策

警察庁は「夏季に増加が目立つ交通事故の特徴と対策」についてまとめた。飲酒事故は、10~12月に次いで7月に多発しているほか、例年8月には、観光目的の交通事故が多発している。このため、全国の警察では、これらの特徴を広報するとともに、飲酒事故の交通事故抑止対策として、事故分析による効果的街頭活動・取締りを実施するほか、観光目的事故抑止対策として、事故の多い時間帯・路線を重点にパトカーの赤色灯走行などを行う。
 

◆鹿児島県警できょで愛制度担当者会議

鹿児島県警が平成17年度から運用している「きょで(兄弟)愛制度」の担当者会議が県警本部であった。同制度は、薩摩藩に古くから伝わる人材育成・教育の基盤となった郷中教育がモデル。経験豊富な中堅警察職員「大兄」のもと、指導力のある「兄」が、経験の浅い「弟」の良き相談相手となる兄弟のグループを構成し、業務面だけでなく私生活でも必要な助言・指導を行う。

       

◆北海道警の山岳遭難救助隊が春山遭難防止パトロール

山岳遭難を防止するため、北海道警山岳遭難救助隊は4月から6月までの春山登山期間中、道内の日本百名山等で山岳パトロールを行い(写真)、多くの登山者に遭難防止を呼び掛けた。春山登山期間中の山岳パトロールは、登山者が増加する4月26日以降の週末や祝日を中心に、道内の日本百名山や遭難事故の多い山などで行われた。隊員は登山道の確認や登山ルート上の危険箇所などを把握するとともに、登山者に登山計画書が提出されているか、十分な携行品を所持しているかなどについて積極的に声を掛けた。

北海道警の山岳遭難救助隊が春山遭難防止パトロール

◆徳島県三好署で署災対本部設置訓練と通信訓練

徳島県三好署は県情報通信部と合同で、山腹の大規模崩壊の恐れがある三好市東祖谷西山地区での災害を想定し、署災対本部設置訓練と通信訓練を行った(写真)。署災対本部設置訓練では、署員が、設営に必要な資器材を搬入・設置。現場を不感地帯と想定した通信訓練では、臨場した署員と情通部員が中継モードと衛星回線で通信手段を確保した。

徳島県三好署で署災対本部設置訓練と通信訓練

     

~放射塔~職場体験の中学生が街頭キャンペーンで活躍

○…兵庫県佐用署は、管内の中学生とともに、市民に特殊詐欺撲滅などを呼び掛ける街頭キャンペーンを、管内の大型量販店で実施した。
○…県内の中学2年生を対象に平成10年度から実施されている職場体験の一環。署員と警察の制服を着た生徒7人(男子4人、女子3人)らが、特殊詐欺撲滅や交通事故防止、犯罪被害者のための相談窓口などを記した啓発チラシを配布し(写真)、被害に遭わないよう声を掛けた。
○…“小さなお巡りさん”の効果で、多くの来店客が足を止め説明に耳を傾けていた。「警察のしごと」を中学生に体験してもらい、同署にとっても警察活動への理解と協力が得られる有意義な取組みとなった。

職場体験の中学生が街頭キャンペーンで活躍

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer