日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆京都府警とNTT西日本で通信活用の防犯協定

京都府警は、電話やインターネットなどを媒体とした犯罪の未然防止対策や、通信を活用した防犯対策を推進する「犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定」を、NTT西日本京都支店と結んだ。防犯環境の整備や防犯意識の向上を図ることで地域の防犯力を向上させ、犯罪の起きにくい社会を目指す。締結式で蓑田一広生活安全部長と佐々木貴朗支店長が協定書を交わした(写真)。

京都府警とNTT西日本で通信活用の防犯協定

 

◆神奈川県警で「検知拒否令状請求要領」の勉強会

7月の「夏の交通事故防止運動」を前に、神奈川県警は6月28日、自由参加による枠外勉強会「検知拒否令状請求要領」を実施した。実務経験が浅い警察署の交通、地域の若手警察官からベテラン捜査員まで総勢45人が集まり、実戦的な捜査書類作成要領を学んだ(写真)。県警では、毎年5月を飲酒運転取締り強化期間に指定し、取締りを強化しているが、県内では今年6月末現在で、前年より1人多い3人が飲酒運転が関係する交通事故で亡くなっている。

神奈川県警で「検知拒否令状請求要領」の勉強会        

◆大阪府城東署の新庁舎が完成

大阪府城東署の新庁舎が完成し(写真)業務を開始している。新庁舎は鉄骨鉄筋コンクリート造り地上5階建てで、延べ床面積は旧庁舎の2倍以上の5,664・29㎡。留置施設9室、取調べ室20室を備える。総工費は約18億円。新庁舎建設工事は平成24年10月に始まり、今年5月末に完成した。住所は大阪市城東区中央1丁目9―41。

大阪府城東署の新庁舎が完成

◆薬剤師やヤクルト販売員が高齢者見守り活動に参加

静岡県警は、高齢者と接する機会の多い薬局の薬剤師やヤクルト販売員が交通安全指導の声掛けを行う高齢者見守り活動を展開している(写真)。県警では昨年、県トラック協会や県タクシー協会の交通関係団体などと連携し、「高齢者見守り隊」を発足させた。夜間の徘徊など、交通事故に遭う危険性が高い高齢者を発見した際の110番通報制度を確立している。現在、県内8団体で約5万3,000人体制。

薬剤師やヤクルト販売員が高齢者見守り活動に参加

     

~放射塔~駐在所の看板を中学生の揮毫で一新

○…北海道北見方面興部署上興部駐在所の看板が、古くなり文字が消えかけていたため、同駐在所管内に住む中学2年生の亀井夕海さんが毛筆で新しい看板を書き上げた。
○…同駐在所が「地域住民に親しまれるように」と作成を依頼。看板完成後には亀井さん、村上富一署長、同駐在所の斉藤勤務員の3人で古くなった看板を取り外し、堂々とした文字が揮毫された新看板を設置した(写真)。
○…駐在所の建物自体は古いものの看板は立派になり、村上署長は「当分管内の治安維持は大丈夫」と笑顔。亀井さんは「少し恥ずかしいけど、自分の文字が残るのはうれしい」と喜んでいた。

駐在所の看板を中学生の揮毫で一新

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer