日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁と四国で合同交通対策訓練

南海トラフ地震発生時の交通対策に万全を期すため、警察庁、四国管区警察局、徳島県警、香川県警、愛媛県警、高知県警はブラインド方式の「合同交通対策訓練」を行った。実施したのは、信号機滅灯対策訓練はじめ、交通検問所設置訓練、標章交付所設置訓練、緊急交通路指定予定路線の緊急点検訓練。おおむね迅速に対応できたが、同庁はじめ各県警では、より迅速で効率的な運用が図られるよう訓練のさらなる充実を図ることにしている。
 

◆茨城県警高速隊で交通マナーアップキャンペーン

茨城県警本部高速道路交通警察隊は、携帯電話使用及び通行帯違反を抑止するため、笠間市長兎路の常磐自動車道下り「友部サービスエリア」で交通マナーアップキャンペーンを実施した。携帯電話使用等違反は、交通死亡事故原因の約4割を占める脇見漫然運転を誘発していることが考えられる。そこで、車両運転時の携帯電話使用の危険性と、追い越し車線を継続走行する通行帯違反について高速道路利用者に周知することにした(写真)。

茨城県警高速隊で交通マナーアップキャンペーン        

◆愛知県中署で「誉める交通安全広報」開始

愛知県中署は「いいネ!!カード」と名付けたカード(写真)を活用し、県内で初めて「誉める交通安全広報」を始めた。交通部門に関する「警察」の印象は、交通違反の指導・検挙といったネガティブなイメージがあることが多い。そこで同署は、街頭活動時に交通ルールを順守し、他の模範となる人をマイク広報などで「誉め、推奨」を積極的に行う。「自転車用ヘルメットを着用」「横断歩行者がいる中、自転車を押して歩く」「自転車利用者が歩行者優先を実践」などが対象だ。

愛知県中署で「誉める交通安全広報」開始

  

◆大楯装備で山道巡るクロスカントリー

滋賀県警察学校は、4月採用の初任科生(短期・長期)100人と初任補修科生23人が大楯を持って学校周辺の山道を巡るクロスカントリーを行った(写真)。学生の団体行動力と体力、精神力を養うため、昭和62年に始まった伝統行事。寮室ごとに3~6人のチームを組み、約5㌔のコースをチーム内の全員がゴールするまでのタイムを競う。

大楯装備で山道巡るクロスカントリー

     

~放射塔~「くまモン」と「あべのん」が安全なまちづくりをPR

○…大阪府阿倍野署は、熊本県のPRキャラクター「くまモン」と大阪市阿倍野区のマスコットキャラクター「あべのん」を「阿倍野安全なまちづくり隊・一日隊長」に委嘱し、同区阿倍野筋の「あべのキューズモール」で「安全なまちづくりキャンペーン」を開催した。
○…愛甲哲也署長が「くまモン」と「あべのん」に委嘱状を手渡した(写真)。キャンペーンには阿倍野国際交流連絡協議会も参加し、外国人の不法就労・滞在を防止するために「ルールを守って国際化」と訴えた。
○…また、本部生活安全指導班が「女性被害防止教室」を開き、性犯罪の被害から身を守る方法を寸劇で紹介。買い物客には防犯ブザーや啓発チラシを配布し、区の安全・安心について呼び掛けた。

「くまモン」と「あべのん」が安全なまちづくりをPR

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer