日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年中の水難発生状況

警察庁は「平成25年中における水難の発生状況」をまとめた。水難発生件数は1,459件、水難者は1,639人(うち死者・行方不明者803人)で、前年に比べ発生件数は増加、水難者は減少、死者・行方不明者は増加した。死者・行方不明者の発生場所は海、河川の順に多く、行為別は魚とり・釣り、通行中の順に多かった。中学生以下の子供は、海より河川での発生が多い。
 

◆佐賀県警で認知症サポーターの育成講座

佐賀県警は、幹部職員が認知症について正しく理解し、弱者の視点に立った組織運営を進める一助とするため、認知症サポーター養成講座を開催した。佐賀大学医学部地域医療研修センター教授の堀川悦夫氏が講師を務め、長嶋良本部長以下幹部職員約80人が受講した。

       

◆山口県警が犯罪被害防止の4コマ漫画作成

山口県警は4月から、警察職員が作成した4コマ漫画を活用し、特殊詐欺被害防止を始めとする各種犯罪被害防止広報に取り組んでいる。「犯罪抑止対策室長の『これ知っちょって!』」と題する漫画で、その名の通り犯罪抑止対策室長が主役として登場し、県民に知っていてもらいたいことや、犯罪被害に遭わないためのポイントを広報。特殊詐欺に関する4コマでは中村範明本部長も起用している(写真)。

山口県警が犯罪被害防止の4コマ漫画作成

  

◆愛知県津島署で職質技能のスキルアップ研修

愛知県津島署はこのほど、同署所属の堀川修司職務質問技能指導員と奥村高宏職務質問準技能指導員を指導員に、職務質問技能スキルアップ研修を行った(写真)。若手警察官の「職務質問のやり方がよく分からない」との要望に基づいて企画された。地域課員が参加し、講義(法令解釈、外国人職務質問要領、現場NGワード)、実技(乗り物に対する職務質問、現場受傷事故防止方法、ブラインド方式の想定訓練、効果測定)、指導員の講評を受講した。

愛知県津島署で職質技能のスキルアップ研修

     

~放射塔~支援学校で生徒や児童と積極交流

○…富山県警察学校は、富山市の「富山県立しらとり支援学校」で交流会を行った。
○…同校の校訓「自律」「錬磨」「敬愛」の一つである「敬愛」の精神を学生に体得させ、障害者に配意した警察活動について理解を深めるねらい。当日は初任科短期生34人が、小学部から高等部までの学習や部活動に参加し、障害を抱えた児童や生徒と積極的に触れ合った(写真)。
○…交流後には「積極的に話し掛け、気持ちを引き出す必要があることを理解した」と話した学生。「障害者に配慮した対応ができる警察官になれるよう頑張っていきたい」とも語り、今回の体験を一線での勤務に生かそうと決意を新たにしていた。

支援学校で生徒や児童と積極交流

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer