日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆チャイルドシート使用状況の全国調査結果

警察庁と(一社)日本自動車連盟(JAF)は、4月20日~30日にかけ実施した「チャイルドシートの使用状況等の全国調査結果」をまとめた。全国100カ所で乳幼児1万2,928人を対象に行った結果、使用率は61.9%で、昨年の調査に比べ1.7ポイント上昇、平成14年以降最も使用率が高かった。また、チャイルドシート不使用の死亡重傷率は、使用の場合の約3.0倍だった。
 

◆佐賀県警で被害者支援の連絡協議会

佐賀県警は、被害者支援のより一層の充実に向けて関係機関・団体との連携を図るため、犯罪被害者等に対する支援のための連絡協議会(通称「VS協議会」)を開催した。関係機関・団体の代表者ら28人が、危機管理体制づくりやワーキンググループによる継続的な検討などの建設的な意見を交換し、連携強化の必要性を確認した。

       

◆青森県警で不審者声掛け被害の対応訓練

青森県警は、青森市内にあるセキスイハイム展示場の「子ども110番の家」で、「女子小学生が見知らぬ男性から不審な声掛け被害に遭い逃げ込んできた」との想定で対応訓練を実施した(写真)。訓練は、支店の女性従業員が助けを求めて逃げ込んだ女子小学生を安全に保護し、速やかに110番通報を行い、パトカーが駆けつけるといった実戦的な内容。

青森県警

  

◆兵庫県長田署で痴漢被害撲滅キャンペーン

「電車内における痴漢対策強化期間」初日の6月2日、兵庫県長田署は管内主要駅のJR新長田駅前広場で、痴漢被害撲滅キャンペーンを実施した(写真)。キャンペーンには、署員や長田防犯協会はじめ、神戸常磐大学の女子学生5人と神戸常磐女子高等学校の生徒10人、県警マスコットの「こうへい君」が参加。路上等での痴漢が発生しやすい夕方の時間帯に帰宅する子供や女性に啓発ビラを配布しながら、被害に遭わないよう声を掛けた。

兵庫県長田署

     

~放射塔~茶摘みを通じて児童が地域の大人と触れ合い

○…愛知県西尾署と本部少年課は、地域の大人との触れ合いを通して子供たちの自己肯定感と規範意識を向上させようと、地域ブランドとして全国的に有名な「西尾抹茶」の茶摘みを行った。
○…この活動は平成25年から行われており、今回は西尾市立鶴城小学校の4年生児童139人が参加。茶畑を所有する少年警察ボランティアの指導員から指導を受け、柔らかい新芽を丁寧に摘み取った(写真)。
○…茶摘みを終え、児童は「抹茶ができたら、茶摘みを教えてくれたおじちゃんと一緒に飲みたい」とうれしそうに話した。指導員は「西尾の抹茶が日本一ということを実感し、地域に誇りを持ってほしい」と児童に温かいまなざしを向けた。秋には、児童が摘み取った茶葉を使って茶道体験も行われる。

愛知県西尾署

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer