日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆サイバー空間の脅威対策へ官民合同で協議

兵庫県警は、県警本部で「サイバー空間の脅威に対する兵庫県官民合同対策プロジェクト」総会を開催した。同プロジェクトは平成24年9月、サイバー空間の脅威に官民一体で対処するために発足。行動計画を策定し、「情報共有」「教育・啓発」「環境」をテーマとした3分科会で各種取組を推進している。総会では、各分科会の民間代表者が「民間事業者対象のセミナー等の開催」「啓発用アプリケーションの開発・活用」など17の取組みについて報告した。
 

◆富山県警交機隊で「グッドライダーミーティング」

県内で二輪車による死亡事故が毎年発生している現状を踏まえ、富山県警交通機動隊は、一般社団法人「富山県二輪車普及安全協会」が県免許センターで行った安全運転講習「グッドライダーミーティング」(写真)に白バイ隊員を派遣した。隊員は二輪愛好家らに安全運転の基本原則を指導するとともに模範演技を披露した。

富山県警交機隊で「グッドライダーミーティング」        

◆青森県警でさわやか行政サービス研修会

青森県警は「県民の立場に立った親切で真心のこもった行政サービス」の実施に向けた施策の一環で、県警察学校において「さわやか行政サービス研修会」を開催した。昨年10月に県公安委員に就任した高畑紀子氏が「大切なのは第一印象~市民接遇心得~」と題して講演し(写真)、警務部長や学校長はじめ、本部と各警察署で窓口業務を担当する警察職員、初任科生の135人が受講した。

青森県警でさわやか行政サービス研修会

  

◆奈良県警で大学生ボランティアの研修会

奈良県警で今年度第1回の少年警察大学生ボランティア「少年フォローズ奈POLI」の研修会が開かれた。登録者計67人(継続31人、新規36人)のうち25人が参加し、ボランティア活動に必要な知識・技能の習得と、メンバー間の意見交換を通じた参加意欲の向上を図った。
   

~放射塔~絵手紙はがきに児童が特殊詐欺注意のメッセージ

○…広島県庄原署とセキスイハイム中四国㈱広島支社は先月、庄原市内の東城小学校に特殊詐欺被害防止を啓発する防犯絵手紙はがき(写真)1,578枚(児童263人各6枚)を交付した。
○…一般市民からイラストを募集した絵手紙はがきに、児童が特殊詐欺に対する注意喚起メッセージを記載し、祖父母に送付してもらうためだ。絵手紙の費用と送料は同社が負担する。石川哲朗支社長は「特殊詐欺撲滅には、地元企業や小学校と警察が協同して活動を推進する必要がある。お年寄りの被害防止に貢献できれば」としている。
○…光本憲秀署長と石川支社長から絵手紙はがきを受け取った山本雅照校長は「高齢者の方は、子供や孫から手紙をもらうことが何よりうれしいこと。このような活動はとても効果的で、さらに広がるよう協力していきたい」と話した。同署は今後、活動を市内全域に広げる予定で、すでに他の小学校からも問い合わせが届いている。

絵手紙はがきに児童が特殊詐欺注意のメッセージ

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer