日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果

警察庁は、このほど平成25年下半期の「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果」をまとめた。犯罪被害児童は増加傾向にあり、被疑者の犯行動機は児童との性交目的等の児童との接触目的が9割以上を占めている。また、アクセス手段としては、携帯電話を使った事犯が9割以上を占め、このうちスマートフォン利用が、調査を開始した平成22年以降、最も多くなった。
 

◆山形県警と警備業者が監視カメラの映像提供で申し合わせ結ぶ

山形県警は、警備業者が設置・管理している監視カメラ等で撮影された画像の提供を受けることを定めた申合せを、警備業者5社と締結した。県警本部での締結式で、芳賀豊松生活安全部長と5社代表が申合せ書にそれぞれ署名した(写真)。監視カメラの画像提供について、警察と警備業者が申合せを結ぶのは東北初という。監視カメラは現在、5社合計約550カ所に設置されている。

山形県警と警備業者が監視カメラの映像提供で申し合わせ結ぶ        

◆神奈川でサイバー犯罪対策研究会

神奈川県警と情報セキュリティ大学院大学、NPO情報セキュリティフォーラムは、同大学で「神奈川サイバー犯罪対策研究会」を開いた。第5回となる今回は「CTF」と呼ばれ、コンピューターセキュリティの高度な技術や知識を磨くための競技会を実施。県警と同大学の各2チームが参加し、「暗号」「解析」「ネットワーク」「トリビア」などの問題を制限時間に解き、得点を競い合った。
  

◆福岡県飯塚署で「青パトサミット」

福岡県飯塚署は、飯塚地区の青色防犯パトロール活動団体の代表者会議「青パトサミット」を開催した(写真)。警察と防犯団体との相互理解や協力関係を深め、管内で増加傾向にある自転車・オートバイ盗の抑止活動や合同パトロールなど、地域ぐるみの防犯活動で連携を強化するねらい。

福岡県飯塚署で「青パトサミット」

   

~放射塔~署の公かいに幼児の遊戯スペース

○…京都府亀岡署はさわやか行政サービス運動推進月間に合わせ、署の公かいに幼児の遊戯スペース「かめおかけいさつキッズコーナー」を設置した(写真)。子育て中の来訪者が、気軽に安心して利用することができる。警察署に幼児向けの遊戯場所が設置されるのは府下で初めてという。
○…子連れの来訪者が窓口で手間取る姿がしばしば見られたため、署長のアイデアをもとに、育児に励む女性職員の目線を取り入れたレイアウトになった。遊戯コーナーには、署員が自宅から持ち寄った遊具や、子供の連れ去り事案を防ぐルール「いかのおすし」を掲示したすごろく、府警マスコットキャラクターの塗り絵などが置かれた。
○…遊戯コーナーを利用した来訪者にも好評で、地域住民の一人は「親しみの持てる地元の警察署です」と、署の独自サービスに満足している様子だった。

署の公かいに幼児の遊戯スペース

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer