日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「生活道路対策の推進状況」まとまる

警察庁は「生活道路対策の推進状況」についてまとめた。生活道路における歩行者等の安全を確保するため、最高速度30㎞/hの区域規制や路側帯の設置・拡幅等を実施しているが、平成25年度末までの整備箇所は656カ所で、累計では1,111カ所にのぼっている。また、生活道路での信号無視や歩行者妨害などの交差点関連違反等の取締りを強化、平成25年の取締り件数は、告知・送致件数の37.6%を占めた。
 

◆宮崎県警が宅配物取扱機関と連絡会議

宮崎県警は、県警本部で宅配物取扱機関との連絡会議を開催した(写真)。特殊詐欺被害金の交付形態で現金送付型が増加しているためで、宅配やレターパックによる送金を防ぐねらい。県警から刑事部参事官、捜査二課長、担当補佐ら7人と、県内郵便局、宅配業者、コンビニなどの宅配物を取り扱う機関6社の責任者15人が出席し、宅配等による送金防止について協議した。

宮崎県警が宅配物取扱機関と連絡会議        

◆長野県警で実戦的総合訓練指導員の講習会

長野県警は2日間、県警察学校に警察署等の実戦的総合訓練指導員を集め、指導員講習会を開催した(写真)。各所属での訓練指導員の拡充と知識、技能の向上を図ることで、警察署等での実戦的総合訓練を充実・活性化させるねらい。警察本部や警察署で実際に実戦的総合訓練の指導に当たる警部補30人(うち女性警察官2人)が受講した。

長野県警で実戦的総合訓練指導員の講習会

  

◆高齢者の事故防止へタクシー協会らに通報協力要請

夜間・早朝の交通事故に遭遇する可能性の高い高齢者の交通事故防止を図るため、石川県警の宮本孝司交通部長が県タクシー協会、県トラック協会、県明乳会(牛乳販売)の会長に積極的な通報協力を要請した(写真)。県内の交通事故死者は4月末現在で、前年同期より3人少ない15人だが、高齢死者は10人。そのうち横断等歩行中が4人に上り、いずれも夜間・早朝に発生しているため、その時間帯に稼働している各団体に加盟する約700社、約2万人、車両約1万3,000台で高齢者の見守り支援、通報体制を構築する。

高齢者の事故防止へタクシー協会らに通報協力要請

   

~放射塔~地元ゆるキャラ「のんすけ」が交通安全応援サポーターに

○…愛知県新城署は、管内で活躍するゆるキャラ「のんすけ」に、交通安全応援サポーターの委嘱状を伝達した。
○…交通安全応援サポーターは、子供から大人まで幅広い年代で親しまれているゆるキャラに交通安全を訴えてもらおうと、県警が今年から始めた。伝達式は新城市内の新城中央こども園で行われ(写真)、県警マスコットキャラクター「コノハけいぶ」、園児とその保護者が見守る中、飯田進署長から委嘱状が手渡された。
○…これまでも市内のさまざまな取組みで活躍してきた「のんすけ」だが、交通安全応援サポーターの初仕事は同園での交通教室。園児たちと記念撮影などで交流し、交通ルールを守って交通事故に遭わないよう訴えた。

地元ゆるキャラ「のんすけ」が交通安全応援サポーターに

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer