日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国総務・警務部長会議を開催

警察庁は、東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国総務・警務部長会議」を開き、長官官房関係当面の問題について協議した。席上、米田壯長官は、当面特に配意すべき事項として、①人的基盤の強化②事態対処における的確な情報発信③組織全体をトータルで考える思考を持った合理的な業務運営④「強い警察に資する監察」の理念の着実な浸透―について訓示した。
 

◆三重県警でチャイルドガーディアンを委嘱

子供の安全確保対策に万全を期すため、三重県警は今年度から「チャイルドガーディアンみえ推進事業」を展開している。昨年8月に三重郡朝日町で発生した女子中学生殺害事件を受け、県警は少年関係ボランティアや自主防犯団体、関係機関などとの連携を強化し、活動の一体化と組織力の結集を図っている。本部少年課と警察署に配置されるチャイルドガーディアン(写真)は、間隙のない活動を推進するための取りまとめ役となる。

三重県警でチャイルドガーディアンを委嘱      

◆名古屋南部7署で合同緊急配備訓練

愛知県警名古屋南部ブロックの7署(南、緑、半田、東海、知多、常滑、中部空港)がストーカーによる人身安全対処事案を想定した合同緊急配備訓練を行った(写真)。本部通信指令室総合指揮のもと、自動車警ら隊のパトカーや航空隊のヘリも支援に当たり、総勢約150人がブロック一体の広域配備に取り組んだ。

名古屋南部7署で合同緊急配備訓練

  

◆鹿児島県警で採用リクルーター153人指定

鹿児島県警は、今年度の警察官採用試験に向けて優秀な人材を確保するため、採用リクルーターに153人(男119人、女34人)を指定した(写真)。県内の大学や高校を卒業した警察官が中心という。指定書交付式で髙清水善弘警務部長が「やる気のある若者を発掘、確保してほしい」と訓示。その後の研修会では、効果的な受験勧誘方策について意見を交換。リクルーターの一人は「後輩はもちろん、保護者に積極的に募集活動を行い、一人でも多くの優秀な人材を確保したい」と意気込んでいた。

鹿児島県警で採用リクルーター153人指定

   

~放射塔~通帳ケースを詐欺防止の「最後の砦」に

○…4月1日に「佐賀県犯罪の起きにくい安全で安心なまちづくり条例」が施行されたことに伴い、佐賀県鳥栖署は、鳥栖郵便局で、地元防犯ボランティア団体と一緒に特殊詐欺被害防止を呼び掛ける防犯キャンペーンを開催した。
○…キャンペーンでは、郵便局窓口やATM利用者らに「『レターパック、宅配便で現金送れ』はすべて詐欺!」とプリントした通帳ケース(写真)を配布。詐欺グループに騙されて現金を引き出す前に、通帳ケースの標語を確認できるよう「最後の砦」としての効果をねらったという。
○…署員らから通帳ケースを受け取った高齢者は「詐欺に遭わないように気をつけます」と話した。活動に参加した防犯ボランティア団体の会長は「自分たちの街は自分たちで守る気持ちを持って、一つでも被害を減らしていきたい」と意気込みを語った。

通帳ケースを詐欺防止の「最後の砦」に

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer