日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆スクールサポーターの活動状況まとまる

警察庁は「スクールサポーターの活動状況」についてまとめた。スクールサポーターは、退職した警察官等からなる非常勤職員で、警察署等に配置され、担当する学校への訪問活動を行うとともに、必要に応じ、問題がある学校に常駐するなどして、いじめや非行事案など校内における少年の問題行動等への対応、巡回活動、相談活動、児童の安全確保に関する助言などを行っている。平成26年4月1日現在、43都道府県で761人が配置されている。
 

◆宮城県警で新型交通状況表示板を導入

宮城県警は4月1日から、各種機能が高度化された新型交通状況表示板の運用を始めている。新型表示板は70インチモニター40面(8列5段)の大画面で、表示装置に交通管制システムから提供される各種情報が自由に表示できる。さらに交通監視カメラ画像の同時表示も可能となった。情報の操作性、信頼性が向上したことで、リアルタイムな情報提供による渋滞対策や各種イベント対策に大きな効果が期待できそうだ。

     

◆埼玉県警で自転車のマナーアップ作戦

埼玉県警は5月中「サイクル・マナーアップ作戦」と銘打ち、自転車の安全利用意識を高揚させる活動を展開している。10日には川口市の大型商業施設「ララガーデン川口」で広報キャンペーンを実施。自転車安全整備士が日常点検要領と幼児2人同乗用自転車の注意点を説明し(写真)、地元ジュニア新体操クラブのメンバーが演技や交通安全宣言などで自転車の安全利用を訴えた。

埼玉県警で自転車のマナーアップ作戦

  

◆鳥インフルエンザ容疑事案想定の総合訓練を実施

鹿児島県横川署は、死亡野鳥等鳥インフルエンザ容疑事案を想定した実戦的総合訓練を実施した(写真)。事案を受理した地域課の交番員が感染防護キットを着用し、現場で関係者を確保、死亡野鳥の回収などに取り組むといった内容だ。当日は同署警務課長、警備課長、生活安全刑事課生活安全係代理による教養も行われた。

鳥インフルエンザ容疑事案想定の総合訓練を実施

   

~放射塔~管内をランニングでパトロール

○…富山県小矢部署の若手警察官が中心となって結成した「おやべRUNパト隊」が、小矢部市内でのランニングパトロールを開始した。「カギをかけよう!」「特殊サギに注意!」などと背中にプリントされた専用Tシャツと反射材タスキを着用し(写真)、車上ねらいや自転車盗難の多発区域、交通死亡事故発生路線などを走り、市民に注意を促している。
○…パトロール時間は、毎週水曜日午後6時から1時間。参加する若手のなかには運動不足で長距離走が苦手の者もいるようだが、回数を重ねるたびに少しずつ走行距離が増えており、体力育成と健康増進にも一役買っているようだ。
○…制服やパトカーでのパトロールとは違い、「ソフトな形の警察の活動に親近感が持てる」と市民にも好評だ。

管内をランニングでパトロール

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer