日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国刑事部長会議を開催

警察庁は、東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国刑事部長会議」を開いた。席上、米田壯長官は、「国民の期待と信頼に応える強い警察を確立するためには、大きく変化する我が国の治安環境に的確に対応し、事態対処能力の更なる向上を図っていくことが不可欠」と前置きし、①捜査環境の変化への適切な対応②国民の期待と信頼に応える強い刑事警察の確立③組織犯罪対策の推進―について訓示した。
 

◆京都府警でサイバー捜査官の育成システムを構築

京都府警は4月1日付で本部長を推進本部長とする「サイバー捜査官育成推進本部」を立ち上げ、部門横断的な「サイバー捜査官育成システム」の運用を開始した。本部別館大会議室で「サイバー捜査官育成推進本部及び幹事会合同会議」も開き、システムの周知徹底と取組みに向けた組織的な意思統一を図った。

     

◆静岡県警で部内通訳要員を指定

グローバル化する犯罪捜査と防犯対策、外国人との共生対策に的確に対応するため、静岡県警は、本部15所属38人、警察署23所属86人の計38所属124人を今年度の部内通訳要員に指定した(写真)。今年度はベトナム語1人、韓国語1人、北京語1人、タガログ語1人の計4人が新規通訳として指定され、県警が対応できる言語は14言語になった。各通訳要員は今後、複雑・多様化する国際犯罪捜査や防犯活動の一翼を担うことになる。

静岡県警で部内通訳要員を指定

  

◆長野県警交機隊で新隊員訓練

今春の定期異動で新隊員6人と再入隊員7人が入隊した長野県警本部交通機動隊は4月1日から30日まで、白バイ運転技能向上と殉職・受傷事故防止を目的とした新隊員訓練を行った。長野市内の教習所コースや千曲川河川敷グライダー場などを使用して実施。白バイ特練監督・コーチが指導担当者を務め、二輪車整備要領、基本乗車訓練(写真)、法規走行訓練など、白バイ乗務に必要な運転技術について、連日早朝から夜間まで厳しい指導を受けた。

   

~放射塔~無事故・無違反・無被害200日の自転車通学に挑戦

○…愛知県津島署は4月25日から、自転車通学をしている中学・高校生が「自転車による、事故をおこさない、交通違反をしない、被害に遭わない」ことを目指す「200日間自転車3ないラリー」を始めた。管内の中学1校と高校9校が取り組む。
○…実施期間は11月10日までの200日間で、全生徒が三つの“ない”を達成した学校を同署が表彰する。また、被害や違反があった場合でもボランティアなどに参加することで、ミスを免れる救済措置も設けている。
○…同署であった宣誓式には、各校の代表生徒らが集まり「200日間、自転車の無事故、無違反、無被害を達成することを誓います」と元気よく宣誓した(写真)。津島防犯協会連絡協議会から、参加校全生徒分のワイヤー錠計8,000個も贈られた。

無事故・無違反・無被害200日の自転車通学に挑戦

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer