日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆ネットでの自殺予告対応状況

警察庁は、平成25年中の「インターネット上の自殺予告事案への対応状況」をまとめた。各都道府県警がインターネット上の自殺予告事案についてプロバイダ等から情報開示を受け対応した件数は243件、人員は254人で、前年に比べ件数で14件(6.1%)増、人員で22人(9.5%)増と増加した。
 

◆大阪府警が自転車事故抑止対策を強化

大阪府警は5月中、自転車事故を抑止するための取組みを集中的に行っている。今年3月末までの自転車関連事故で信号のない交差点での発生が多いこと、例年5月に自転車関連事故が増加傾向にあることを受けたもの。自転車事故が多発している交差点への注意看板の設置や、信号のない交差点での一時不停止の自転車利用者に対する指導啓発などを展開している。

     

◆静岡県警が女子高校生に痴漢被害等防止講話

静岡県警鉄道警察隊は2回に分け、静岡市内の高校で新入学生徒らに対する痴漢被害等防止講話を実施した。痴漢や盗撮などの捜査に従事する特務係「特捜イエロー」が、電車内や駅などで発生する痴漢等の手口をスライドや実演を交えて説明したほか、その被害防止策や実際に被害に遭った際の対応要領について指導した。講話の数日後には、隊員から指導を受けた女子高校生2人が通学途中の電車内で痴漢を目撃。持っていた携帯電話で行為者の男を撮影するなど逮捕に協力した。
  

◆振り込め詐欺防止キャンペーンに機動隊も協力

埼玉県警機動隊は、県内の主要駅3カ所で振り込め詐欺防止を呼び掛けるキャンペーンを実施した。被害が依然として増加傾向にあることから、機動隊も被害抑止に一肌脱ごうと企画したという。これまでのキャンペーンでは、高齢者に注意を呼び掛けるものがほとんどだったが、今回は隊員と同世代である学生や会社員などが対象。隊員がチラシなどを配布したほか、指揮官車(広報車両)に乗った“DJ隊員”が被害防止を呼び掛けた(写真)。

振り込め詐欺防止キャンペーンに機動隊も協力

     

~放射塔~女性鉄警隊長の訓示集“雅言”を作成

○…京都府警鉄道警察隊は明るく風通しの良い職場づくりの一環で隊長訓示を取りまとめた訓示集を作成し(写真)、全隊員に配布している。指示教養を浸透させ、非違事案防止を徹底するねらいという。
○…訓示集の名称は府警初の女性所属長、小山雅子隊長の名前にちなんだ「雅言(びげん)」で、表紙には小山隊長の写真も添えられている。また同隊では、隊長から訓示があるたびに全隊員に部内メールを配信し、内容を更新している。
○…訓示集は、隊員に非常に好評で「朝礼時に聞くだけでなく、後で見返すことで内容を再確認・徹底することができる」「重みが文字として残り、言葉の意味を考え直す機会となる」との声が聞かれている。

女性鉄警隊長の訓示集“雅言”を作成

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer