日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆管区警察局長会議を開催

警察庁は、同庁第1会議室で、「管区警察局長会議」を開いた。会議には米田壯長官はじめ同庁幹部、それに各管区警察局長等が出席した。席上、米田長官の訓示があり、次いで、▽人身安全関連事案への対処について▽特殊詐欺対策について―の議題を協議した。
 

◆福岡県警で防犯カメラ設置促進の冊子を作成

福岡県警は、防犯カメラの設置促進にあたっての基礎知識や設置促進方策をまとめた「防犯カメラ設置促進ハンドブック」(写真)を作成し、県内の全警察署に配布した。A4判、23㌻の冊子で、防犯環境設計や防犯カメラに関する基礎知識、設置促進の手順と方策、取り組む際の配意事項、警察署の取組事例などを掲載。付録として、街頭防犯カメラを設置する際に利用できる国や地方自治体の補助事業の一覧、自治体などへの配布を目的とした「防犯カメラ設置ガイド」なども付けられている。

福岡県警で防犯カメラ設置促進の冊子を作成      

◆少年非行・被害防止キャンペーンと清掃活動

愛知県警本部少年課と東署、北署は合同で、名古屋市東区・北区にある大曽根駅周辺で少年の非行・被害防止キャンペーンと清掃活動を行った。進学や進級など少年の生活環境が変わる時期に合わせて実施。少年に手を差し伸べる立ち直り支援活動の一環で、継続補導中の少年などにも参加を呼び掛けた。取組みは、大人との交流を通じて規範意識の向上やボランティア精神を育むなど立ち直りを支援し、次代を担う少年の健全育成を図るねらい。
  

◆インドネシア研修生に「震災対策教室」

高知県室戸署は、県外国人漁業研修センターに入校中のインドネシア研修生に、南海トラフ巨大地震の危険性などを教える「震災対策教室」を行った(写真)。教室では、今後30年以内に南海トラフ地震が70%の確率で発生するおそれがあることや、最大震度7前後の揺れに襲われる可能性があることを説明した。

インドネシア研修生に「震災対策教室」

     

~放射塔~「キャッチくん」の着ぐるみが完成

○…長崎県警のシンボルマスコット「キャッチくん」の着ぐるみが完成し、長崎駅前広場で開かれた県警音楽隊のプロムナードコンサートで初登場した(写真)。広報相談課長から「一日音楽隊長」に任命され、タクトを振ったり演奏に合わせてリズミカルに動いたり。パフォーマンスを見た県民からは「かわいらしい」「親しみを感じる」との声が聞かれた。
○…「キャッチくん」は、ハイテク情報社会を象徴するロボットタイプのマスコットとして平成5年に作成された。現在まで着ぐるみはなかったが、近年のキャラクターブームがもたらす広報効果などを踏まえ、県警では県民と触れ合うことのできる着ぐるみを製作することにしたという。
○…「キャッチくん」の初仕事は好評を博したが、今後も交通安全運動や防犯運動などの各種イベントで効果的な警察広報に従事する。県民により親しまれるマスコットキャラクターとなるよう、さらなる“進化”を目指す。

「キャッチくん」の着ぐるみが完成

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer