日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年中の不正アクセス行為発生状況

警察庁は、平成25年中の「不正アクセス行為の発生状況等」をまとめた。認知件数は2,951件、検挙件数は980件で、前年に比べ認知件数で1,700件増、検挙件数で437件増と大きく増加した。不正アクセス行為のうち、インターネットバンキングの不正送金が1,325件で44.9%を占めた。手口は利用権者のパスワードの設定・管理の甘さにつけこんだものが79.5%を占めた。
 

◆福岡県警高速隊で豊津分駐隊を発足

福岡県警は、県内の東九州自動車道の延伸に伴い、県下5番目となる高速道路交通警察隊豊津分駐隊を発足させた(写真)。分駐隊長以下17人、車両6台の体制で大分県境までの47.9㌔を管轄。「実現!!安全・安心ハイウェイふくおか」を合言葉に、高速道路上の事件事故に対応する。県警での分駐隊の新設は、昭和54年の八幡分駐隊以来35年ぶり。

福岡県警      

◆山口県警で女性警察官の逮捕術・護身術講習会

山口県警は、ストーカー・配偶者暴力対策本部生活安全特命班をはじめとする女性警察官の逮捕術・護身術講習会を開催した。防犯意識を高めるとともに、犯人制圧技術を向上させるねらいだ。講習会では、腕や首をつかまれた場合の離脱方法や制圧方法について説明を受けた後、相手の力の弱い方向を考えたうえでの離脱技、身体の弱点を理解した制圧技などに取り組んだ(写真)。

山口県警

  

◆兵庫県尼崎市と市内3署でドラレコの協定

兵庫県尼崎市内3署(尼崎南、尼崎東、尼崎北)と同市が、「犯罪及び交通事故が発生しないまちづくりに関する協定書」を結んだ。市営バスのドライブレコーダーの映像を、要請に応じて警察へ提供する旨を定めた県内初の協定で、県内のひったくり多発地帯である同市と各署が共同で街頭犯罪抑止活動に取り組む。各署は提供を受けた映像を事件事故の捜査などに活用する。一方、市は各署から犯罪抑止活動に必要な情報や助言を受ける。

     

~放射塔~自ら隊の「隊旗」作製で先鋒部隊の意識新たに

○…広島県警本部自動車警ら隊は、隊員の「強い結束」と「士気高揚」を目的に隊旗を作製した(写真)。
○…隊旗は90×135㌢で隊員がデザインを考案。白・黒地の中央に「MOBILE PATROL UNIT(自動車警ら隊)」の頭文字「MPU」を赤字で記し、街頭を走るパトカーをイメージしている。
○…新しい隊旗のもと、同隊では県民の安全と平穏を守る先鋒部隊としてさらに躍進することを誓っている。

兵庫県警

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer