日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年中の機動隊活動状況

警察庁は「平成25年中の機動隊の活動状況等」をまとめた。昨年は、集団警備力の中核としての活動として、治安警備に延べ約21万人、重要施設警戒警備に延べ約33万人が出動した。また、東日本大震災発災から今年3月17日までの特別派遣は延べ約118万人(人・日)にのぼっている。なお、北九州への暴力団対策特別派遣中に強盗致傷事件被疑者を検挙する等の好事例もあった。
 

◆山梨県警が金融機関と特殊詐欺の緊急対策会議

今年に入り、大幅に増加している振り込め詐欺など特殊詐欺の被害に歯止めをかけるため、山梨県警は、県警本部に県警特殊詐欺対策担当者と県内金融機関等担当者を集めて緊急対策会議を開いた。会議では、刑事部参事官のあいさつに続いて、捜査二課長が今年1月から3月末までの特殊詐欺認知状況と主な詐欺手口などを説明した。

     

◆町全世帯に反射材リストバンドを配布

北海道札幌方面静内署は「新ひだか町ピカッ!と25,000人運動」と称して、リストバンド式夜光反射材(写真)を管内新ひだか町の全世帯に配布した。同町では昨年、薄暮時間帯に道路横断中の高齢者が被害に遭う交通死亡事故が相次いで発生。その事故が「夜光反射材未装着」「通り慣れた道で発生」と判明したため、同署が地元自治体と協議を重ね、町内全約1万2,500世帯に各2本の約2万5,000本を配ることにしたという。

町全世帯に反射材リストバンドを配布

  

◆愛知県新城署と教育委員会で非行防止の協定結ぶ

愛知県新城署と新城市教育委員会は、児童・生徒の非行防止と立ち直り支援に関する連携を目的とした「学校警察連携制度に関する協定」を締結した。同署で行われた調印式で、森本諭副署長(署長代理)と和田守功教育長が協定書に調印(写真)。同署と市教委は日ごろから良好な関係を醸成しており、事前の調整もあってスムーズな締結となった。

愛知県新城署と教育委員会で非行防止の協定結ぶ

     

~放射塔~春の交通安全・地域安全運動に出発

○…鹿児島県霧島署と交通安全・防犯関係団体が合同で「春の全国交通安全運動・地域安全運動」の出発式を開催した。関係機関・団体の代表者ら約200人が参加し(写真)、交通安全・防犯意識の高揚を呼び掛けた。
○…日吉泰隆署長が「交通事故や事件のない、安全安心な霧島市の実現に向け、関係機関・団体と一致団結して取り組んでいきたい」とあいさつした後、女性団体が「竹太鼓演奏」を披露。同署マスコットキャラクター「霧えもん」が太鼓のリズムに合わせて踊り、参加者の士気を盛り上げた。
○…その後、警察車両を先頭に、青パト隊など車両計約30台が街頭パトロールに出発し、管内を巡回した。参加した団体関係者は「地域の安全は住民が中心となって守っていくことが大事。今後もできる限りの活動をしていきたい」と意気込みを語った。

春の交通安全・地域安全運動に出発

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer