日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁職員対象のシッター派遣業務を開始

警察庁は、「警察庁における次世代育成支援のための今後の取組」についてまとめた。男性職員の育児参加が低調なことから、今後は育児参加の促進に向けた制度の周知などの取組を行う。また、不規則な勤務のある警察職員の仕事と育児の両立を支援するため、同庁と警察共済組合の共同事業として、4月から同庁職員を対象にしたシッター派遣業務の委託モデル事業を開始した。
 

◆愛知県警で「斜め横断歩道」を設置

愛知県警は、交差点を曲がる車両と、横断歩道を渡る高齢者との衝突を防止するため、新設道路の信号交差点の横断歩道四つすべてに「斜め横断歩道」を設置した(写真)。右折するドライバーから見て、進入しようとする道路の右奥から左手前に向けて斜めにした。右折するドライバーにとっては、対向車の動向と横断歩行者の状況を確認する範囲(視野角)が通常の直角の横断歩道に比べて狭くなるため、歩行者を把握しやすい。左折するドライバーにも巻き込み防止、左前方の安全確認がしやすくなるという利点がある。

愛知県警で「斜め横断歩道」を設置      

◆富山県警で交通安全ゆるキャラ隊を結成

富山県警と県は、県警本部に関係者約100人を集め、春の全国交通安全運動出発式を実施した。櫻澤健一本部長は式典で、サッカー・J2カターレ富山を交通安全サポートチーム、各選手を交通安全サポーターに委嘱したほか、同チームのマスコット「ライカくん」や県内各自治体のマスコット15体を「交通安全ゆるキャラ隊」に委嘱した(写真)。

富山県警で交通安全ゆるキャラ隊を結成

  

◆全国青パトフォーラムが福岡で開催

日本財団の主催で「全国青パトフォーラムin福岡」が、福岡市内で開催された。3回目となる今回は、全国各地で青パト活動に従事している防犯ボランティアや、青パトに興味を持つ地域住民約130人が参加。パネルディスカッションやテーマ別の分科会が行われ、パトロール実施者の高齢化や活動維持経費の捻出など、各団体が抱える課題について意見が交わされた。

     

~放射塔~高知・徳島合同のドライバーサービスが好評

○…管内が隣接する高知県香美署と徳島県那賀署は、交通関係団体や隣接する駐在所勤務員など官民一体で交通事故抑止を呼び掛けるドライバーサービスを実施した。
○…両県警のシンボルマスコット「ポリンくん・ポーリーちゃん」(高知)、「うずしお君」(徳島)3体も登場して活動を盛り上げた。子供から高齢者にまで大好評で、なかには車両から降車してマスコットと握手をしたり、一緒に記念撮影したりする家族連れの姿も見られた(写真)。
○…合同でのドライバーサービスは両署にとって初めての取組みだったが、官民が連携した活動で両県民の交通安全意識の高揚が図られた。

高知・徳島合同のドライバーサービスが好評

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer