日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国3,000の通学路で一斉取締り

春の全国交通安全運動期間中の4月9日午前7時から同9時にかけ、全国警察では約1万4,000人の警察官を動員し、全国の小学校周辺を中心とした通学路約3,000路線で、「通学路における全国一斉取締り」を実施した。警察庁のまとめによると、最高速度違反や通行禁止等違反などの道路交通法違反等で1万2,759件(逮捕2人)を検挙した。
 

◆山梨県警で人身安全関連事案の総合対策本部を設置

山梨県警は、ストーカー・DV事案などの対応を強化するため、生活安全部員と刑事部員で総合編成した「人身安全関連事案総合対策本部」を設置した。生活安全部長を対策本部長、4月1日付で新設された「少年・女性安全対策課」の課長を対策責任者とする司令塔型の体制で、人身安全に関する事案を認知した場合は、同課次席以下7人で編成する事態対処班を当該警察署に派遣。事件検挙や行政措置などの事件指揮を一貫して行わせる「一元的対処体制」を構築する。

     

◆ご当地キャラと道警マスコットで活動協定

北海道釧路方面弟子屈署管内のキャラクター3体と道警公式マスコットキャラクター「ほくとくん」が、地域防災体制の確立につながる広報・啓発活動に協働で取り組むことを定めた「防災、安全・安心地域活動キャラ協定」の調印式が川上郡標茶町の町立さくら保育園と町立幼稚園で開かれた(写真)。今後キャラクターたちは、管内で開かれる各種イベントなどで一致団結。「災害に強く、犯罪や事故のない安全・安心な町づくりの実現」を呼び掛ける。

ご当地キャラと道警マスコットで活動協定

  

◆秋田県警交機隊で白バイ出動式開く

秋田県警交通機動隊は、白バイの機能や整備状況、隊員の規律を点検する「白バイ出動式」を隊舎前で行い、冬期間中に休止していた白バイの活動を本格化させた。式には18台が出動し、志村務本部長が1台ずつを点検(写真)。「白バイの機動力を生かしたきめ細かな活動を展開し、交通事故抑止に成果を挙げてほしい」と隊員に訓示した。

秋田県警交機隊で白バイ出動式開く

     

~放射塔~ミス交通安全の啓発キャンペーン

○…愛知県碧南署は、シートベルト・チャイルドシートの着用徹底を啓発するキャンペーンを行った。
○…取組みには、碧南高浜安全運転管理協議会が協力。同協議会に加入する事業所の女性社員3人が、今年度の「ミス交通安全」に選ばれ、村瀨署長から1年間の交通安全活動に対する委嘱状が手渡された。
○…同署付近道路で、同協議会役員が交通安全標語が書かれたのぼり旗を掲げたほか、「ミス交通安全」の3人がポケットティッシュなどの交通安全啓発物を配布(写真)。シートベルト着用を厳守し、安全運転を心掛けるよう呼び掛けた。

ミス交通安全の啓発キャンペーン

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer