日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況

警察庁は、「平成25年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況」をまとめた。出会い系サイトに起因する事犯の検挙件数は726件、被害児童は159人で、前年に比べいずれも減少した。コミュニティサイトを利用して犯罪被害に遭った事犯の検挙件数は1,804件、被害児童は1,293人で、前年に比べ、検挙件数、被害児童数ともに増加した。無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により再び増加した。
 

◆宮城県警で第8回幹部力研修会

宮城県警は、職務執行の中核である警部(同相当職)の資質向上を目的に、第8回幹部力向上研修会「EXPO」を開いた。今回の研修会は、指定研修員24人のほかに、本部の警部以上職員や警視昇任予定者なども受講。東北学院大学経済学部の前田修也教授が「統計学について」と題して講話し、統計学の歴史と代表値(平均)を柱に、野球の打率や2企業の正規社員と非正規社員の平均賃金に関する事例に基づき、加重平均の計算などについて話した。

     

◆大阪府で府民・事業者による「暴力追放セミナー」

(公財)大阪府暴力追放推進センターは、府民や事業所が取り組む、反社会的勢力の排除対策を推進するため、大阪市中央区のプリムローズ大阪で「第16回暴力追放セミナー」を開催した。「今もとめられる暴力団対策とは」のテーマで行われ、府民、府内各事業所担当者の約450人が参加。弁護士が「企業暴排担当者として注意すべき事項」「融資取引からの反社会的勢力排除」について講演した。
  

◆山形県寒河江署で認知症サポーターの養成講座

山形県寒河江署は、寒河江市と連携し、署員を対象とした「認知症サポーター養成講座」を開催した(写真)。1月末時点の高齢化率が27.7%の同市では今後、認知症高齢者の増加も見込まれている。そのため講座では社会福祉士を講師に迎え、署長以下署員52人が、認知症の実態や症状の基礎知識、老化現象との違いなどを学んだ。

山形県寒河江署で認知症サポーターの養成講座

   

~放射塔~ステッカーの貼付拡大で侵入盗に警戒

○…愛知県名東署は空き巣をはじめとする住宅侵入盗被害を防止するため、名東区役所と連携し、防犯ポスターと防犯ステッカーを作成した(写真)。ポスターは管内地下鉄4駅や図書館、19学区のコミュニティセンターなどに、ステッカーはパトカーや青パトなどにそれぞれ貼付している。
○…空き巣に対する住民の防犯意識を高め、街全体で犯罪を見逃さない姿勢を示すためだ。ポスターはA4判で、署と区役所の連名で「空き巣警戒中、不審者(車)を見たら110番!」の喚起文を記載。ステッカーは縦17㌢×横50㌢、蛍光反射、マグネット式で、「特別警戒実施中」と記している。
○…昨年末に開かれた警察署協議会での諮問事項の施策として作成した。今年の協議会の場で披露したところ、委員からは「よくやってくれていますね」との激励が寄せられた。

ステッカーの貼付拡大で侵入盗に警戒

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer