日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆サイバー攻撃の情勢と対策の推進状況

警察庁は「平成25年中のサイバー攻撃の情勢と対策の推進状況」をまとめた。サイバー攻撃は「ばらまき型」が減少する一方、「やりとり型」が増加したほか、新たなサイバー攻撃を確認するなど、手口は巧妙化・多様化している。同庁では、昨年サイバー攻撃対策官とサイバー攻撃分析センターを設置するなど態勢を強化している。
 

◆神奈川県警でドラレコの協定結ぶ

神奈川県警は「ドライブレコーダーに係る記録データの提供に関する協定」を県トラック協会、県タクシー協会と結んだ(写真)。重大事故・事件が発生した場合、事業用車両のドライブレコーダーに記録された映像や音声等を円滑に提供してもらい、早期解決につなげる。4月1日から運用を開始する。

神奈川県警でドラレコの協定結ぶ      

◆奈良県警でサイバーテロの緊急対処訓練

サイバー攻撃事案への対処能力向上を図るため、奈良県警は、奈良市と共同でサイバーテロを想定した緊急対処訓練を実施した(写真)。同課員や市の情報政策課と広報広聴課の職員など28人が参加した。訓練は「ネット掲示板に犯行予告が書き込まれ、市と県警が連絡体制の確認・警戒を行っていたところ、市のウェブサイト改ざんが発覚した」という想定。参加者は、関係所属間の連絡や体制を確保するため、実戦さながらの緊張感を持って電話連絡や現場臨場後の対応訓練に取り組んだ。

奈良県警でサイバーテロの緊急対処訓練

  

◆音楽隊の演奏中に体験型避難訓練

愛知県中署は、名古屋市中区に所在する日本特殊陶業市民会館の協力を得て、署災害担当者による講話や県警音楽隊の演奏中に地震が発生した場合の体験型避難訓練を開催した。参加者を一般公募したところ、約250人が集まった。第1部では「講話と音楽隊の演奏中に地震が発生した」との想定で、会場職員と音楽隊員が一体となって参加者を安全に避難させ(写真)、第2部には音楽隊のコンサートが行われた。

音楽隊の演奏中に体験型避難訓練

   

~放射塔~福岡県警音楽隊が49回目の定期演奏会

○…福岡県警察音楽隊「第49回定期演奏会」が、福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホールで開かれ(写真)、子供から高齢者までの来場者を華麗な演奏で魅了した。
○…今回の演奏会には山口県警音楽隊も賛助出演した。第1部では、福岡隊による「アルヴァマー序曲」「スタートレックのテーマ」などの単独演奏の後、両音楽隊が合同で迫力あるステージドリルを披露。第2部の両音楽隊によるステージでは、「メリー・ゴー・ラウンド」「大いなる約束の大地~チンギス・ハーン」などを演技・演奏し、会場から万雷の拍手を浴びた。
○…また、同ホール併設のアトリウム(多目的広場)では、2回目となる県警安全・安心フェスタ」を同時開催した。各種警察活動や防犯・交通事故防止などの広報ブースを設置し、来場者に防犯意識の向上を訴えるとともに、警察活動に対する理解と協力を求めた。

福岡県警音楽隊が49回目の定期演奏会

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer