日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年中の死体取扱状況

警察庁は「平成25年中における死体取扱状況」についてまとめた。全国の警察による死体取扱総数(交通関係、東日本大震災による死者を除く)は、16万9,047体で、前年に比べ4,786体減少した。このうち検視官の臨場死体取扱数は10万6,069体で、前年に比べ1万9,734体増と大きく増加、臨場率は62.7%と6割を超えた。
 

◆スーパー・弁当業者と物資調達の協定結ぶ

鳥取県警は有事における警察活動基盤の構築を図ろうと、県内に店舗を展開するスーパーマーケット8社と弁当業者7社との間で「災害時における警察活動に必要な物資の調達に関する協定」を締結した。災害現場などで長期間、昼夜を問わず活動する警察職員に、必要な弁当や飲料水などの食料品をスムーズに調達できる体制を確立するのがねらい。

   

◆北海道警で優秀地域警察官会議を開催

北海道警は、昨年中の地域警察活動(年間累積、地域警察事務、職務質問検挙、優秀交番の各分野)で優秀な成果を収めた地域警察官97人が参加する「全道優秀地域警察官会議」を開催した。会議冒頭、坂明本部長が「各所属において地域警察の牽引役となり、道民の方々の声を敏感に受け止め、力強く、そして温かい職務執行により道民の期待と信頼に応えてほしい」旨訓示した(写真)。

北海道警で優秀地域警察官会議を開催

  

~放射塔~竹灯篭を飲酒運転根絶のシンボルに

○…福岡県小倉南署は県警三大重点目標の一つ「飲酒運転の撲滅」を推進するため、管内居住の宮大工、辻勝さんから寄贈された竹灯篭を署玄関に備え、除幕式を行った。
○…寄贈された竹灯篭は4本で、竹1本の高さが2㍍、周囲が48㌢。管内特産で全国的に有名な合馬の竹を材料に、53年の大工歴を有する辻さんが「飲酒運転」「しません」「させません」「ゆるしません」と鮮やかに掘り抜いている。署員がこの竹灯篭内にライトを入れ、飲酒運転撲滅のシンボルとして設置した(写真)。
○…除幕式には交通安全ボランティア約20人が出席。式の様子がマスコミ4社に報道され、県民に対する飲酒運転撲滅の機運醸成につながった。

竹灯篭を飲酒運転根絶のシンボルに

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer