日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年刑法犯認知・検挙状況の確定値

警察庁は、平成25年中の「刑法犯認知・検挙状況(確定値)」をまとめた。刑法犯認知件数は132万678件で、前年に比べ6万1,443件(4.4%)減少した。重要犯罪の認知件数は前年に比べ増加、罪種別では、放火、強姦、強制わいせつが増加した。また、重要窃盗犯の認知件数は減少、罪種別では自動車盗、すりが増加した。
 

◆島根県警で「特殊詐欺撲滅の3本の矢」作戦を展開

島根県警は2月中の「特殊詐欺撲滅強化月間」の具体的施策として、「特殊詐欺撲滅の3本の矢」作戦を展開し、「県民が騙されない、騙されても家族・地域の絆や関係機関の連携により振り込ませない」など、県民を挙げて特殊詐欺に強い島根県の確立を目指している。2月7日には県警記者クラブで、山田豊刑事部参事官と鬼村純生活安全部参事官による共同記者会見を実施(写真)。県警の特殊詐欺犯に対する対決姿勢、被害未然防止に対する熱意などを伝えた。

島根県警で「特殊詐欺撲滅の3本の矢」作戦を展開    

◆和歌山県警が災害救助犬協会と申合わせ

和歌山県警は、NPO法人和歌山災害救助犬協会と、大規模災害発生時に迅速かつ的確な捜索活動を行うための申合わせを取り交わした(写真)。今回の申合わせは、県と同協会が平成21年に締結した「災害救助犬の活動に関する協定」に基づく。県警が直接出動を要請することや、捜索を指揮する現場警察官と連携して活動することができるという内容だ。

和歌山県警が災害救助犬協会と申合わせ

  

◆静岡県警察学校の新本館が落成

静岡県警察学校の新本館(写真)完成に伴う落成式が、県副知事ら来賓や県公安委員長、本部長ら県警幹部を迎えて行われた。同校からは佐藤光一学校長以下教職員、初任科生、初任補修科生ら225人が出席。新本館は、鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨造)地上5階建て。延べ床面積は約5,300㎡で、旧施設の約1・7倍の大きさ。300人規模の講堂、資料室や図書室も整備されている。

静岡県警察学校の新本館が落成

   

~放射塔~新入学の児童・園児向けに交通安全の啓発品を配布

○…埼玉県警は2月1日から4月5日までの間、新入学(園)児の交通安全対策として広報啓発品を作成し、効果的な交通安全教育に取り組んでいる。
○…これまでに作成した啓発品はポスター4,500枚、リーフレット8万枚、下敷き3万7,000枚、反射材1万個。いずれも県交通教育協会などの関係団体が協賛しており、県内各署や小学校、関係機関・団体などを通して新入学(園)児や保護者に配布している。
○…ポスターの図案には県警、県教委等が共催する「平成25年度交通安全ポスター及び作文コンクール」の小学校低学年の部で入賞した作品を使用(写真)。反射材はディズニーキャラクターのデザインで、ランドセルなどに取り付けることができるタイプだ。

新入学の児童・園児向けに交通安全の啓発品を配布

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer