日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国の交通死亡事故分析結果

警察庁は「平成25年中の全国の交通死亡事故の分析結果」をまとめた。発生件数は4,278件で、前年に比べ2件減少した。飲酒運転による死亡事故は減少したが下げ止まり傾向にある。また、自転車が関連した死亡事故のうち、4分の3に法令違反があり、出会い頭衝突が自転車関連事故の4割以上を占めた。全国の警察では、引き続き事故分析に基づく事故抑止活動を推進する。
 

◆広島県警でサイバー防犯ボランティアを委嘱

広島県警は、県民自らの手でサイバー犯罪を抑止する機運を醸成しようと、IT技術を勉強している広島大学や広島市立大学の学生ら33人を「広島県警察サイバー防犯ボランティア」に委嘱した。同日に広島市等と開催した「サイバーセキュリティカレッジIN広島(サイバー犯罪防止講演)」の場で、山口俊彦生活安全部長が委嘱状を手渡し、今後の県警との連携を依頼した。任期は平成27年3月末まで。

   

◆特殊詐欺を仕出し弁当で「おしだそう!」

高齢者を狙った振り込め詐欺等特殊詐欺被害を防止するため、滋賀県米原署は法事や老人会などで提供される仕出し弁当に、啓発チラシを添える取組みを始めた。管内の料理店などに協力を依頼し、同署で啓発チラシの交付式を行った(写真)。同署オリジナルの黄色いチラシで「仕出し弁当でおしだそう!高齢者詐欺!」▽お=おいしい話にのらない!▽し=信じこまない!▽だ=大丈夫と思わない!▽そう=相談しよう!―と印刷している。

特殊詐欺を仕出し弁当で「おしだそう!」

  

◆空き巣の手口を出前型防犯講座で説明

愛知県名東署は、住民の防犯意識を高めようと、県セルフガード協会の協力を得て、名古屋市名東区の公民館などで出前型防犯講座を実施した。住民約30人が参加し、署員から町内ごとの空き巣の発生状況や手口の説明を受けた。その後、参加住民の自宅に場所を移し、泥棒目線での防犯診断が行われた(写真)。

空き巣の手口を出前型防犯講座で説明

   

~放射塔~地元マラソン大会で警察署チームが健闘

○…1月26日に開かれた「八潮市内一周駅伝大会」に、埼玉県草加署の健脚自慢の署員12人が出場し、「交通事故一掃(走)」「暴力団一掃(走)」「どろぼう一掃(走)」「ひったくり一掃(走)」と記したゼッケンを付け、沿道の市民や他の出場者に犯罪被害防止と警察活動への協力を訴えた(写真)。
○…大会では、午前9時に「サガミ八潮店」駐車場をスタートし、市役所までの20㌔を6人でたすきをつなぐ。署員はAとBの2チームに分かれ、市内を1周するコースを力走。エントリーした58チーム中Aチームが14位、Bチームが30位だったが、Aチームの第1走者として好スタートを切った署交通課長代理は区間5位の好成績を残した。
○…「草加警察署」のたすきを掛けて走ったことで、沿道の応援者から「警察署の人も参加しているんだ」「お巡りさんかっこいい」などの声が聞かれ、出場した署員はPR活動の手応えを実感していた。

地元マラソン大会で警察署チームが健闘

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer