日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆特殊詐欺の被害者と未然防止好事例まとめる

警察庁は平成25年中の「特殊詐欺の被害者」と「被害未然防止好事例」についてまとめた。特殊詐欺全体の被害者の男女別内訳は、女が71.4%、男が28.6%で、年齢別では男女ともに70歳以上の高齢者が最も多かった。昨年も一般人や宅配業者、タクシー運転手、金融機関職員、コンビニエンスストア店員などが機転をきかし、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの被害を未然に防止した好事例があった。
 

◆大阪府警で地域安全活動強化期間を設定

大阪府警は2月中を「地域住民と協働した地域安全活動強化期間」と定め、巡回連絡活動など地域の実態と住民を知る活動を強化し、地域住民と協働した活動を推進している。地域警察官が交番を拠点に地域に根ざした活動を行うことにより地域住民との絆を固め、自主防犯意識を醸成する。警察活動への支持を得るための基盤づくりというねらいもある。期間中は効果的な巡回連絡活動や、地域住民との距離感を縮める活動などを推進する。

   

◆福島県警の生安企画課長が万引きシンポに出席

福島県警の小泉義勝生活安全企画課長が、東京・千代田区麹町の「スクワール麹町」で開かれた「NPO法人全国万引犯罪防止機構臨時総会」のシンポジウムにパネリストとして出席し、 パネルディスカッションで県警が昨年4月から実施している「万引き防止総合対策推進事業」の概要について発表した(写真)。小泉課長は約120人の出席者を前に、県警が推進する事業の取組経緯や活動内容などを説明した。

福島県警の生安企画課長が万引きシンポに出席

  

◆奈良県警音楽隊が安全・安心ふれあいコンサート開催

奈良県警察音楽隊は、宇陀市総合体育館で「宇陀警察署安全・安心ふれあいコンサート」を開催した(写真)。今年3月に警察署再編整備が実施され、現在の宇陀署庁舎は桜井署分庁舎となり、庁舎の有効活用として県警音楽隊の拠点となる。コンサートは地元住民に音楽隊の存在を身近に感じてもらう目的で行われ、地元保育園、小・中学校、コーラスサークルなど子供から高齢者までが出演。会場には約600人の聴衆が詰めかけた。

奈良県警音楽隊が安全・安心ふれあいコンサート開催

   

~放射塔~りんごを配って交通安全のマナーアップ「ル」

○…愛知県瀬戸署は、瀬戸市内の「イオン瀬戸みずの店」で、「交通マナーアップ『ル』キャンペーン」と銘打った広報啓発活動を行った。
○…昨年12月に高齢者被害のひき逃げ死亡事故が発生するなど、高齢者の重大交通事故が相次いでいるため企画した。地元「グリーンシティケーブルテレビ」とも協力し、女性警察官とケーブルテレビのアナウンサーとのトークを実施。高齢者の事故が増えていることについて「高齢者は地味な服が多いので、反射材を付けたり、目立つ明るい服装で外出してほしい」と会場に詰めかけた大勢の来場者に呼び掛けた(写真)。
○…キャンペーン最後には、市内ボランティア団体の「瀬戸女性ドライバー交通安全クラブ」のメンバーら20人が参加し、キャンペーンの名称にちなんだ「りんご」を買い物客に配り、交通マナーの向上を訴えた。

りんごを配って交通安全のマナーアップ「ル」

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer