日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁で特殊詐欺の課題と今後の取組まとめる

警察庁は「特殊詐欺の課題と今後の取組」についてまとめた。平成25年の特殊詐欺全体の被害総額は486億9,325万円と前年を大きく上回ったが、これは警察に被害届が出された被害で、実際はこれをはるかに上回る。このため、警察では、引き続き全部門の力を結集して、▽犯行組織の壊滅▽犯行ツールの遮断▽国民及び社会の抵抗力の強化―を実施する。
 

◆沖縄県警で今年初の署長会議

沖縄県警は、県知事(川上好久副知事代理出席)や那覇地検検事正、県公安委員長らを来賓に迎え、警察本部講堂で今年初の警察署長会議を開催した。来賓あいさつの後、笠原俊彦本部長が今年の県警における運営指針「県民の期待と信頼に応える力強い警察」とその柱となる活動重点6項目について訓示した(写真)。

沖縄県警で今年初の署長会議    

◆宮崎県日向署が炊き出しステーションの寄贈受ける

宮崎県日向署は、地元のLPガス販売会社から「炊き出しステーション」の寄贈を受けた(写真)。災害に強いLPガスを使用するコンロ2個を備えた業務用の調理器具で、一度に最大約130人分の白米と汁物を調理することができる。災害発生時などに場所を選ばずに炊き出しをすることが可能なため、災害時には沿岸部に位置する同署にとって有用な器具になることが期待されている。

宮崎県日向署が炊き出しステーションの寄贈受ける

  

◆署協議会の前委員と現委員で意見交換会

埼玉県久喜署は、警察署協議会前委員と現委員、署幹部との意見交換会を開催した。前委員3人、現委員10人、幹部8人の計21人が出席し、打ち解けた雰囲気のなかで行われた。署長ら幹部の自己紹介に始まり(写真)、委員からは実際の協議会ではなかなか出ない、細やかな市民の意見・要望が数多く聞かれた。

署協議会の前委員と現委員で意見交換会

   

~放射塔~適正な車両管理にカレンダーを作製

○…神奈川県警は、警察活動を支える警察車両の適正な維持管理の促進と警察職員の安全意識向上を目的に「車両管理カレンダー」(1月)を作製し、今年から各所属に配布している。
○…A3判縦型1枚の厚紙に、ひと月分のカレンダーを表示。車両管理に関する予定(車両大点検、車検、オイル交換)などを日付けの余白に記入できるほか、写真や統計資料を踏まえた情報などが記載され、車両整備や交通事故防止に関する情報を提供している(写真)。タイムリーな情報提供の観点から、毎月20日ごろに翌月のカレンダーを発行するという。
○…1月のカレンダーについて、「地域三部制の表示もあるので使いやすい」「『なるほどな』と思う豆知識もあって今後も楽しみです」と県警職員の評判も上々。製作に当たった職員は「今後もいろいろな情報を提供していきたい」と意気込んでいる。

適正な車両管理にカレンダーを作製

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer