日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年の警察情報通信運営重点

警察庁は、「平成26年における警察情報通信の運営重点」について全国の警察へ通達した。「情報通信技術力の発揮」「高い情報通信技術力の保有」を目的に、①サイバー空間の脅威への対策強化②現場警察活動における技術力の活用推進③時代の変化に即応し得る組織・体制の確立―の方向性に向けた施策を推進する。

◆宮城県警で交通安全の「ラ・ラ・ラ運動」を展開

宮城県警は早めのライト点灯と反射材の着用などを県民に広く呼び掛けるため、「夕暮れ時の事故防止『ラ・ラ・ラ運動』」を展開している。運動に賛同した住宅メーカーのセキスイハイム東北㈱がさきごろ、自主製作した広報啓発ステッカー(写真)を全営業車両に貼付し、運動の実践を広報する活動を開始した。現在、車両約420台が県内を走行している。

宮城県警で交通安全の「ラ・ラ・ラ運動」を展開    

◆名古屋モーターショーに盗難被害の車を展示

愛知県警は多発する自動車盗を防止するため、「第18回名古屋モーターショー」(名古屋市港区のポートメッセなごやで開催)で自動車盗難防止の啓発活動を行った。県自動車盗難等防止協議会と協働。名古屋モーターショーでの啓発は平成15年に始まり6回目で、今回は保険会社の協力を得て、実際に盗難被害に遭い、後に発見された「トヨタプリウス」を展示した(写真)。

名古屋モーターショーに盗難被害の車を展示

  

◆サッカークラブ選手が一日防犯ボランティアに

山口県警は「年末年始特別警戒」の一環として昨年末、県下一斉で振り込め詐欺対策に取り組んだ。宇部署管内の大型商業施設での広報には、サッカークラブチームの運営会社「㈱レノファ山口」の協力で「レノファ山口FC」の中山元気監督、福原康太選手、寺田賢人選手が参加。德永幸弘署長から「一日防犯ボランティア」の委嘱を受け、防犯ボランティアら約30人と一緒に「レノファで一蹴!振り込め詐欺等被害防止キャンペーン」と題する啓発活動を展開した(写真)。

サッカークラブ選手が一日防犯ボランティアに

   

~放射塔~署員全員が門松に安全・安心を祈願

○…長崎県早岐署の玄関に、地域住民の安寧を祈願した門松が設置されている(写真)。年末年始の事件と事故の防止を願い、署員が昨年末に手づくりした。
○…門松は高さ約2㍍。竹で組んだ土台を縄で力強く絞め、縁起物の松竹梅を飾り付けた本格的なもの。仕上げに「年末防犯」「交通安全」の立て札を取り付け、約2時間をかけて完成させた。
○…同署初の取組みで、製作を機に山田哲朗署長以下署員全員が「安全・安心なまちづくり」に一層気を引き締めている。門松は1月15日まで設置する予定という。

署員全員が門松に安全・安心を祈願

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer