日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆米田警察庁長官が年頭の挨拶

警察庁の米田壯長官が全国約29万人の警察職員に対して年頭の挨拶を述べた。その中で米田長官は、今年留意すべき事項①「国民の期待と信頼に応える強い警察」の確立②人身安全関連事案への的確な対処③サイバー空間の安全・安心の確保④特殊詐欺対策の強化⑤捜査手法、取調べの高度化の更なる推進等⑥総合的な暴力団対策の推進⑦総合的な交通事故抑止対策の推進⑧東日本大震災への対応及び災害やテロヘの対処能力の向上―について8点を挙げた。

◆鳥取県警で有害環境対策の覚書を締結

鳥取県警は、少年の健全育成に絡む有害情報の遮断、風俗環境の浄化などを推進するため、自治体、関係事業者・団体などと「少年の健全育成のための有害環境対策に関する覚書」を締結した(写真)。行政と民間事業者が緊密に連携し、少年の保護と有害環境の浄化を図る。

鳥取県警    

◆タクシー会社と交通安全アドバイス活動

埼玉県警は、県内のタクシー会社など180事業者が加盟する県乗用自動車協会(県内約5,600台稼動)と協力し、タクシードライバーによる交通安全アドバイス活動を展開した。地域の交通実態に精通しているタクシーのドライバーが、高齢利用者に反射材を配布しながら、交通事故防止に役立つ適切な助言を行う取組み(写真)。活動期間中、ドライバーはお守り型の反射材12万個を配布した。

埼玉県警

  

◆宮城県警高速隊で緊急自動車運転の実戦塾開く

宮城県警高速道路交通警察隊は、柴田郡村田町にあるサーキット「スポーツランドSUGO」のレーシングコースとスキッドコースで「緊急自動車運転技能向上実戦塾」を実施した。冬道の運転経験が少ない隊員が参加し、レーシングコースで時速180㌔の高速走行と高速急制動に、スキッドコースで湿潤路面での急制動、回避制動の訓練に挑んだ。

   

~放射塔~津軽三味線奏者を飲酒運転防止ポスターに起用

○…飲酒する機会の多い年末年始を迎え、飲酒運転による事故を防止しようと茨城県警は、同県日立市出身で津軽三味線奏者のはなわちえさんを起用したポスターとチラシを作製した(写真)。
○…はなわさんの写真を中央に配置し、「STOP飲酒運転」の惹句と「人生はあなたが主役のドラマです。少しのお酒で主役を降りないでください」の文言を記載。QRコードも設けており、アクセスするとホームページにつながり、はなわさんが呼び掛ける「飲酒運転根絶」の動画が視聴できる。
○…作製枚数は、ポスターが1万枚、チラシが11万9,100枚。すでに県内警察署や市役所、事業所、酒類提供飲食店などで掲示されており、県警では今後、各季キャンペーンや飲食店訪問活動で配布する予定という。

健全育成の「交流卓球大会」で熱戦

 

▼2013年7月~12月

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



footer