日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成25年版犯罪白書を公表

法務省の「平成25年版犯罪白書」が公表された。白書では、平成24年を中心とした最近の犯罪動向と犯罪者処遇の実情に加え、「女子の犯罪・非行」と「グローバル化と刑事政策」を特集として取り上げている。女子の刑法犯は、特に65歳以上の高齢者の割合が増加傾向にあり、受刑者では窃盗犯が約8割を占めた。若い世代では覚せい剤取締法違反が多い。また、不法滞在者は比較的重い罪を犯しがちであり、対策が必要としている。

◆交通指導取締りの技術伝承制度を立ち上げ

石川県警は、署員の交通指導取締りの技術を向上させるため、警察署で指導教養・伝承教育に当たる「交通指導取締りテクニカルオフィサー制度」を立ち上げた。交通指導取締りの技能・知識を幅広く伝承し、次世代を担う若年警察官の取締能力の向上と、取締技術の高い職員の育成を図るねらいという。指導員等42人に対する指定書交付式は、11月28日に行われた(写真)。

交通指導取締りの技術伝承制度を立ち上げ    

◆徳島県警で交通取締りの研修会を開催

徳島県警は公判を見据えた交通取締りの徹底を図るため2回にわたり検察庁との合同研修会を開催した。研修会は検察庁や来年1月に運用を開始する新運転免許センター試験コースで開かれ、免許センターでの研修では、定置及び車載式速度測定装置を使用した速度取締要領、横断歩行者妨害違反検挙要領、否認、事件に対応した現認要領及び目測速度認定訓練が行われた(写真)。

徳島県警で交通取締りの研修会を開催

  

◆薬物乱用防止ポスターをデザイン専門学校の学生が作成

新潟県警は若年層に向けた薬物乱用防止対策を推進するため、新潟デザイン専門学校の学生が作成した啓発ポスターを審査し4点を優秀作品として選出した。県警では平成23年以降、広報用デザインの作成を同校に働き掛け、優秀作品を決定している。今年も同校学生が作成した20点の中から、本部と警察学校の職員による投票審査などで4点を選んだ(写真は最優秀作品)。

薬物乱用防止ポスターをデザイン専門学校の学生が作成

     

~放射塔~荷台ボックスから自転車盗難防止を呼び掛け

○…愛知県南署では、地域課配置の交番用二輪車の荷台ボックスに自転車盗難防止の標語を表示し、街頭啓発活動に取り組んでいる。
○…「自転車盗難が多発 自転車は必ずカギかけを!! みなみけいさつ」の標語が、荷台BOXの両サイドと後方から視認できるように3カ所に表示した(写真加工あり)。今年1月~9月末までの自転車盗被害の半数以上が無施錠であったため、施錠の徹底を呼び掛ける内容にしたという。
○…同期間中の管内の自転車盗被害件数は335件で、そのうち無施錠の被害が172件に上る。交番勤務員は「1件でも被害を減らしたい」と意気込む。

荷台ボックスから自転車盗難防止を呼び掛け

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer