日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆猟銃による人身事故防止の取組を指示

警察庁は、今年の狩猟解禁後、人身事故が続発していることから、全国の警察に「猟銃等による人身事故の防止に関する取組」について指示した。また、農林水産省、環境省、大日本猟友会、全日本狩猟倶楽部、日本火薬銃砲商組合連合会に対し、猟銃等の所持者による人身事故の防止に関する依頼文書を発出した。

◆福岡県警で若手育成の地区別検討会

福岡県警は重点取組に据える「若手警察職員の指導・育成の強化」をさらに推し進めるため、県内警察署の総務課長と機動隊の中隊長を集め「若手の育成に関する地区別検討会」(4地区36所属)を開催した。梅根雅憲教養課長の人材育成方策等の訓示、森下俊郎若手育成推進室長の指示の後、出席者がフリートーキング形式で「各所属における若手育成に係る施策・取組状況の発表」や「各警察署間や警察本部との意見交換」に臨んだ。

   

◆富山・愛知・石川県警合同の災害警備訓練

部隊相互の連携強化と救出救助の専門的技術の習得を目的に、富山、愛知、石川の3県警察広域緊急援助隊による合同災害警備訓練が、旧富山県射水署庁舎を活用して行われた。富山県警広域緊急援助隊警備部隊、愛知県警広域緊急援助隊警備部隊特別救助班、石川県警広域緊急援助隊など約65人が参加した。訓練は「コンクリートの建物が倒壊し、要救助者がいる」と想定。削岩機やエンジンカッター等装備資機材を活用し、3県警が連携したブリーチング工法で救出救助を展開した(写真)。

富山・愛知・石川県警合同の災害警備訓練

  

◆DJポリスの指導者が佐賀県警で技を伝授

佐賀県警は、警視庁警備第一課から警備広報担当者3人を招き、第二機動隊第1大隊員等約250人を対象とした「警備広報研修会」を県警察学校で開催した(写真)。警視庁から招いたのは、今年6月の東京・渋谷の雑踏警備で巧みな語り口で通行人の安全を確保した「DJポリス」の指導者に当たる3人。今後の警備に的確に対応するため、警備広報の実施要領や模範演技から、広報を実施する際のポイントまでの指導を受けた。

DJポリスの指導者が佐賀県警で技を伝授

   

~放射塔~「みてケロ」で不審者・不審物への警戒強化

○…長野県松本署は交通機関利用者の安全・安心を確保するため、署の独自キャラクター「みてケロ」を活用し、不審者・不審物への警戒強化の呼び掛けを開始した。
○…管内にある松本空港とJR松本駅では、「不審者・不審物をよくみてケロ」と記載したシール(写真)を、施設職員はじめ清掃や警備、売店などの出入り業者一人一人に配り回った。同署は「施設内で働くすべての人に警戒心を持ってもらい、実際に通報してもらう関係を作ることがねらい」という。
○…「みてケロ」は、同署員家族のアイデアを参考にデザイン。親しみやすい大きな目とにっこりした口元が特徴のキャラクターだ。同署では今後も「みてケロ」を使った啓発活動を進め、長期的な視野で関係各所に警戒強化を呼び掛ける。

「みてケロ」で不審者・不審物への警戒強化

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer