日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国公安委員会連絡会議を開催

「全国公安委員会連絡会議(総会)」が、東京・千代田区のグランドアーク半蔵門で開かれた。席上、古屋圭司国家公安委員会委員長は、「各地域の情勢に応じた的確な治安対策を推進していく」と述べるとともに、最近の治安課題として、▽サイバー空間における安全と安心の確保▽総合的な組織犯罪対策の推進▽効果的な交通事故抑止対策の推進▽災害対策・テロ対策等の強化▽警察捜査の充実強化等―について挨拶した。

◆兵庫県サイバー攻撃情報共有ネットワークが発足

重要インフラへのサイバー攻撃を防ぐため、兵庫県警は県内の重要インフラ185事業者で構成する「兵庫県サイバー攻撃情報共有ネットワーク」を発足させた。多くの事業者と連携する必要性があることから、既存の「兵庫県重要インフラ事業者連絡協議会」参画会員を拡充するとともに、新しく参画会員以外の事業者と県内48署の間で「警察署重要インフラ事業者連絡会」を設置し、ネットワークを構築した。サイバー攻撃対策を効果的に推進するねらいという。

   

◆自転車安全利用推進のアニメ動画を製作

大阪府警と大阪芸術大学附属大阪美術専門学校は共同で、アニメーション動画を活用した自転車安全利用推進DVDを製作。11月下旬から、府内の街頭ビジョンなどで放映している。DVDの内容は、ネコが自転車を運転しながら携帯電話を使用したり、二人乗りをして交通事故に遭う危険な場面9種類をアニメーション化したもので、子供から大人まで楽しむことができる。
  

◆ハラスメント相談員に県公安委員長が講演

長野県警は各所属のハラスメント相談員110人に対する研修会を開き、山浦悦子県公安委員長による講演を行った(写真)。今年度から相談員数を拡大しており、相談員としての識見を深め、警察職員として期待されるものが何かを理解させるねらいという。山浦委員長は、経営者の視点と経験から相談員として求められる行動や留意点について説明した。

ハラスメント相談員に県公安委員長が講演

   

~放射塔~自転車マナー向上へ社員と家族装着のグッズ作る

○…愛知県中署は多発する自転車関連の交通事故を抑止するため、管内企業と連携した自転車のマナーアップ活動に取り組んでいる。
○…その一つが管内企業の社員が通勤や業務で利用する自転車と、社員の家族が利用する自転車に啓発物を取り付け、安全利用の意識を向上させる取組みだ。社員は交通ルール順守等を呼び掛ける名刺サイズのプレートを、その家族は啓発メッセージの入ったリボンをそれぞれ装着する(写真)。同署は、社員や家族はもとより「市民への波及効果につながれば」と話している。
○…管内では、交通ルールを無視した一部の自転車利用者に批判の声が後を絶たず、自転車関連の事故が全体の3割を占め、県内平均を大きく上回る。同署の取組みは、周辺7署へと広がっており、各署とも活動を順次拡大していく方針という。活動の全県的な広がりにさらなる期待が高まっている。

自転車マナー向上へ社員と家族装着のグッズ作る

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer