日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆交通死亡事故抑止対策の強化期間を実施

石川県警は年末までの残り2カ月間を「交通死亡事故抑止対策強化期間」に設定。県警の総力を挙げ、パトカーの赤ランプ点灯による流動や交通指導取締り、検問などの「見える、見せる」街頭活動に取り組むことにしている。期間初日の11月1日には、県警本部前で「交通死亡事故抑止街頭活動出動式」を開催(写真)。桐原弘毅本部長の訓示を受け高速道路交通警察隊のパトカー、交通機動隊の白バイ24台が金沢市内の街頭活動に出発した。

交通死亡事故抑止対策の強化期間を実施

◆広島県警が児童相談所と虐待対応訓練

広島県警、県、広島市の主催で、県警察学校で「警察と児童相談所との児童虐待事案対応合同訓練」が行われた。県内初の取組みで、相談所職員の現場対応能力の向上と警察と相談所の緊密な連携がねらい。児童虐待防止法に基づく立入調査や臨検・捜索の対応事案を想定したロールプレイング方式による実践訓練を通して、事案発生時の迅速・適切な対応方法について確認した(写真)。

広島県警が児童相談所と虐待対応訓練    

◆兵庫県加西署で三世代の交通安全教室

兵庫県加西署は、加西市善防公民館で、高齢者学級「善防かしの木学園」の生徒と子育て学習センターの親子を対象とした「三世代における交通安全教室」を開催した。子供から高齢者までの三世代約80人が参加し、同署交通課長の交通事故発生状況の説明や、加西交通安全協会婦人部による紙芝居などを通して交通安全意識を高めた。教室の締めくくりでは、県警音楽隊による多彩な演奏、女性隊員による躍動的なタンバリンマーチなどを楽しんだ。
  

◆管内25台目の犯罪被害者支援自動販売機を設置

島根県益田署は、清涼飲料の売り上げの一部を島根被害者サポートセンターに寄付する「犯罪被害者支援自動販売機」を県立万葉公園の「太陽の広場」にしつらえ、設置式を開いた(写真)。管内での設置は、今回で25台目。犯罪被害者やその家族・遺族の支援に生かすための事業で、自動販売機オペレーター会社などの協力を得て進められている。

管内25台目の犯罪被害者支援自動販売機を設置

 

~放射塔~ひったくり防止を呼び掛ける「くりカバ」が大人気

○…管内でひったくり被害が多発している京都府下鴨署は、ひったくり防止カバーの取り付けを訴えるキャラクター「くりカバ」を登場させ、管内住民にインパクトを与える広報啓発活動「くりカバ大作戦」を実施した。
○…くりカバは京都市動物園のカバ「ツグミちゃん」をモデルにした府警のキャラクターで、頭には栗の帽子をかぶっている。署前で行われた啓発活動には署員10人、ボランティア5人、管内保育園児27人らが参加。自転車に乗ったくりカバが現れると、園児からは大きな拍手と歓声が。園児に一斉に取り囲まれ、もみくちゃにされていた(写真)。
○…くりカバが乗った自転車は、廃棄予定の自転車を改造し、後輪に青色防犯灯を取り付けた特別仕様。この日の様子は地元紙で「くりカバ、自転車乗れる?」と大きく掲載され、市民に対する防犯啓発に大きな効果が見られた。

ひったくり防止を呼び掛ける「くりカバ」が大人気

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer