日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆新型インフルエンザ等対策行動計画を策定

国家公安委員会・警察庁は「新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定した。発生段階に応じた対応を定め、治安の確保に必要な警察活動を維持することを目的に、警察庁、都道府県警察では、発生に備えた措置や、国外発生期における措置、鳥インフルエンザが人で発症した場合等の対策など、発生段階に応じた措置を取る。また、事態に応じて国家公安委員会を招集するなどの国家公安委員会の実施事項も定めている。

◆宮城県警で初任科生に職務質問の実戦指導

宮城県警は、県警察学校で初任科第87期短期生98人に対する職務質問の実戦指導を実施した。知識・技能の未熟な学生に職質現場での実戦的対応要領を伝承し、現場執行力の強化と早期育成につなげるねらい。パワーポイントを活用した講義をはじめ、自転車や自動車に対するロールプレイング教養(写真)を通して、学生に「積極的な職質の実践」を呼び掛けた。

宮城県警で初任科生に職務質問の実戦指導    

◆「男性が学ぶ女性安全対策カレッジ」を開催

愛知県警は、性犯罪被害を防止する初の試みとして、男性に働き掛ける啓発活動「男性が学ぶ女性安全対策カレッジ」を開催した。女性を守る意識や規範意識を醸成するとともに、性犯罪被害防止について社会全体の意識を高めることが目的。県内企業の男性幹部や、大学・専門学校の男性教職員ら約260人が参加。当日は、いなべ総合病院産婦人科部長・川村真奈美氏による基調講演「医師から見た女性の性犯罪被害の現状について」、大同大学情報学部准教授・小島一宏氏による「男性のエチケット講座」などが行われた。

◆京都府警機動隊紙「京桜」を創刊

京都府警機動隊は隊史初となる機関紙「京桜」(写真)を創刊し、隊での出来事や行事などの情報を2カ月に1回のペースで隊員家族に紹介して職場と家族を結ぶネットワークづくりに役立てている。名称は、隊旗に施された意匠に由来する。9月1日に創刊号を発行。全隊員の家族に発送し大きな反響を得ている。

京都府警機動隊紙「京桜」を創刊

 

~放射塔~観光名物のかかしが交通事故を追っ払う

○…鳥取県郡家署は、かかしで町おこしに取り組む管内八頭町で、 交通安全のたすきを掛けたかかしや交通ルール順守の啓発旗を持ったかかしを設置し交通安全を呼び掛ける広報検問を実施した(写真)。
○…町内のかかしは普段、駅などの主要施設で観光客向けに展示され、その一体一体が“住民登録”されているという。300体以上のかかしが市民や観光客の目を楽しませている。この日は20体が広報検問に出動し、ドライバーにチラシを配る町内の保育園児らとともに、安全運転を訴えた。
○…園児の交通安全の呼び掛けに笑顔でうなずいていたドライバー。かかしを広報に導入した理由について、上田恵樹署長は「かかしは有害鳥獣を追っ払ってくれる。これで交通事故も寄せ付けない」と期待を込めて話した。

観光名物のかかしが交通事故を追っ払う

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer