日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆出会い系サイト等起因事犯の現状と対策

警察庁は「平成25年上半期の出会い系サイト等に起因する事犯の現状と対策」をまとめた。「出会い系サイトに起因した事犯」の検挙件数、被害児童は昨年同期に比べ減少したが、「コミュニティサイトに起因した事犯」の検挙件数、被害児童は増加した。これは、無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害が増加したことによるもの。

◆新潟県警や関係団体がサイバー犯罪対策の情報共有

新潟県警は、サイバー空間の脅威に対する産学官民合同対策プロジェクト推進協議会の総会を、新潟市中央区のハミングプラザVIP新潟で開いた。8月23日の協議会発足後、初めての開催。関係機関・団体と情報共有を図るとともに、産学官民の知見を生かした総合的な対策を推進するねらいという。会員ら72人が出席した。

   

◆鹿児島県警で原発誤進入防止の信号機と情報板を整備

鹿児島県警は、川内原子力発電所で災害が発生した際に、通行人や通行車両に発電所方向へ誤進入させないための注意喚起を促す「突発対応型交通信号機」と「小型文字交通情報板」(写真)を整備し運用している。同原発へ通じる道路には突発対応型信号機などを設置し、原発災害発生時には本部交通管制センターが遠隔制御で発電所方向へ車両が通行できない信号現示に切り替える。また、発電所周辺の交差点近くには小型文字交通情報板3基を設置。災害発生を広報するとともに、車両を発電所方向へ進行させないよう誘導する。

鹿児島県警で原発誤進入防止の信号機と情報板を整備

◆福岡県折尾署で犯罪対策室を設置

福岡県折尾署は管内住民の安全・安心の確保に向け、佐田政博副署長を室長に専従署員4人を含む総勢14人からなる「ONS(Orio Network Social)犯罪対策室」を設置した(写真)。平成23年以降、部門横断的に選抜した「ONSプロジェクト」メンバーが中心となって、街頭犯罪抑止に向けた各種施策を展開した結果、刑法犯認知件数が順調に減少してきた。しかし管内住民が体感治安の改善を実感するまでには至っていないことから対策室を設け、戦略的な街頭活動を展開することにしたという。

福岡県折尾署で犯罪対策室を設置

 

~放射塔~川柳で振り込め詐欺防止を促す「押印マット」

○…栃木県下野署は下野市と上三川町地内の金融機関防犯協会会員の協力を得て、振り込め詐欺の撲滅を呼び掛ける押印マット(写真)を製作し、管内の金融機関等に配布した。
○…押印マットは、金融機関利用者が申請用紙などに押印する際に使用する。これに「しもつけ」と「かみのかわ」の名称を用いて振り込め詐欺や特殊詐欺への注意を喚起する川柳を記載。市町のマスコット「カンピくん」「かみたん」のイラストも描いている。
○…窓口利用者が川柳を目にすることで被害抑止を図るねらい。窓口の職員がマットの使用を勧め、被害防止のための呼び掛けや声掛けをしやすくする効果もある。職員からは「警察と協働した被害防止の認識が高まり、積極的な声掛けに努めます」との声が聞かれるなど好評という。

川柳で振り込め詐欺防止を促す「押印マット」

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer