日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の暴力団犯罪検挙状況

警察庁は「平成25年上半期の暴力団犯罪の検挙状況」をまとめた。暴力団構成員等の検挙人員は1万242人で、昨年同期に比べ減少した。対立抗争に起因するとみられる不法行為は21回発生し、昨年同期に比べ増加した。また、暴力団対策法の中止命令は876件、再発防止命令は31件、禁止命令は2件で、命令違反の検挙件数は4件だった。

◆防犯キャンパスネットワーク大阪を構築

女子大学生の防犯意識の向上と性犯罪被害防止のため、大阪府警と府内66大学が「防犯キャンパスネットワーク大阪」を構築した。警察と大学が情報を共有したうえで、各大学が実効性のある防犯対策を自主的に推進し、性犯罪被害の減少につなげる。9月30日には大阪市北区の大阪大学中之島センターで発足式が開かれた。

   

◆警視庁が振り込め詐欺の根絶月間にキャンペーン

警視庁は、10月1日から31日まで「振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺根絶月間」を実施している。特殊詐欺の認知件数・被害額はともに増加傾向にあり、特に、息子等を装って親をだます「オレオレ詐欺」被害については、昨年に比べ大幅に増加するなど、厳しい情勢が続いている。初日の1日は、「母さん助けて詐欺被害防止キャンペーン」が行われ、中央区日本橋・明治座で同庁の振り込め詐欺被害アドバイザーであるものまねタレント「コロッケ」氏とピーポくんファミリーらが被害防止を呼び掛けた(写真)。

警視庁が振り込め詐欺の根絶月間にキャンペーン

◆住宅メーカーの営業マンを「高齢者交通安全アドバイザー」に

地域全体で高齢者を見守り交通事故防止につなげようと、山形県警は住宅メーカーのセキスイハイム東北㈱山形支店とセキスイファミエス東北㈱宮城支店山形営業部の社員を「高齢者交通安全アドバイザー」に委嘱した(写真)。委嘱されたアドバイザー94人は顧客訪問や住宅展示場での接客時などで、注意喚起のチラシや夜光反射材用品を配布しながら交通安全一言アドバイスを行う。

住宅メーカーの営業マンを「高齢者交通安全アドバイザー」に

 

~放射塔~署員製作のかかしが交通安全・防犯広報

○…鹿児島県姶良署は管内の姶良市山田地区で開催された「第20回山田の里かかし祭り」に、署員が製作したかかし2体を出品した。
○…かかし祭りは、地域の活性化を図る施策として20年前に始まった。幹線道路沿いに数多くのかかしが並び、県内で広く知られる風物詩となっている。昨年4月に、地区内にあった山田駐在所が姶良交番に統合されたため、地域住民の不安を解消する意味から署員製作のかかしの出品を決めたという。
○…2体のかかしは、3ライト運動の一つ「ライト上向き」の標語を掲げ交通事故防止を訴えるものと、鹿児島弁で「その振り込みいっと待て」と振り込め詐欺被害の防止を呼び掛けるもの(写真)。祭りには全51体が出品されたが、2体を合わせて「桜島も驚くで賞」の特別賞を受賞した。現在は管内の各地域に出張し、交通安全・防犯広報に励んでいる。

署員製作のかかしが交通安全・防犯広報

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer