日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の「犯罪助長サービス対策」まとめる

警察庁は今年上半期の生活経済事犯の「犯罪助長サービス対策」をまとめた。預貯金口座、携帯電話、バーチャルオフィス、代金引換等に係るサービスが悪用される事例が多いため、早期事件化、口座凍結の金融機関への情報提供、携帯電話契約者確認の求め、各種解約要請等、犯行助長サービスの提供停止を徹底するとともに、実態の把握・分析、関係機関・団体への要請、犯行助長サービス提供事業者の幇助犯での検挙を推進している。

◆京都市警部と市で政策協議会

京都府警京都市警部は、京都市役所で市との政策協議会を開催した。協議会は平成13年5月に、府警と市がより緊密な連携を図り、防犯・交通問題などの共通する政策課題を話し合う場として設置された。市警部長と副市長をそれぞれのトップとしている。14回目を迎えた今回の協議会では、府警が「大学・学生のまち京都」を、市が「京都市暴力団排除条例」などを議題として提示した。

   

◆採用3年以内一般職員の研修会を開催

石川県警は、警察本部で、採用3年以内の一般職員の実務能力と勤務意欲を向上させるための研修会を開催した。受講した23人の職員は金沢地裁の行政視察(写真)や、若手職員の活動母体「3年会」の活動内容の検討、津村晋弘警務部首席参事官による講演聴講に臨んだ。また、警務部長や先輩職員との意見交換も実施した。

採用3年以内一般職員の研修会を開催

◆福岡県柳川署で交通安全・防犯キャンペーン

福岡県柳川署は交通安全運動期間中の取組みとして、地域住民が集まる商業施設の駐車場で、飲酒運転撲滅をスローガンとした交通安全と、振り込め詐欺被害防止などの防犯を呼び掛けるキャンペーンを実施した(写真)。管内の高畑保育園の園児や競艇学校の生徒、柳川エイサー響会が協力し、官民一体の活動を展開。園児による鼓笛演奏やパレード、交通安全宣言のほか、同響会によるエイサー演舞、買い物客への啓発グッズの配布などが行われた。

福岡県柳川署で交通安全・防犯キャンペーン

 

~放射塔~多文化共生のブラジル展にブース出展

○…愛知県中署は、多文化共生のための施策として「ブラジルDAY2013」の会場に警察ブースを出展した。
○…イベントは県豊橋ブラジル協会が主催。全国規模の催しで、開催中は有名歌手のコンサートもあるなど、延べ4万5,000人の来場者で賑わった。
○…同署が設けた警察ブースでは、警察相談ダイヤルや防犯、交通、災害対策について広報したほか、白バイ展示や県警マスコット「コノハけいぶ」との記念撮影(写真)などを用意。ブースに訪れた大勢の来場者に対し、交通安全と防犯意識の向上、警察活動への理解を呼び掛けた。

多文化共生のブラジル展にブース出展

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer