日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆貨物自動車に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会

警察庁は「貨物自動車に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会」を開いた。中型免許制度が導入され6年が経過したことから、安全面での効果検証を行うとともに、車両重量等に対応して必要とされる運転技能、諸外国の動向等を把握し、現在の貨物自動車に係る運転免許制度の課題を明らかにし、より安全で、我が国内で運転されている自動車の実態に即した運転免許制度の在り方について検討するため開いたもの。

◆埼玉県警で交通死亡事故抑止対策委員会開く

埼玉県警交通規制課は、交通事故発生危険箇所を発見するための二次プロセス対象箇所の選定に伴う「交通死亡事故抑止対策委員会」を、交通部長室で開いた(写真)。秋の人事異動後では初めての開催。重大事故が発生した原因や道路交通環境、再発防止対策の一時点検で効果を上げている改善策などの情報を共有し、類似の道路交通環境に照らし合わせ、先行的な事故防止対策を推進する。

埼玉県警で交通死亡事故抑止対策委員会開く    

◆宮城県警で幹部力向上研修会「EXPO」(エキスポ)研修会を開催

宮城県警は、職務執行の中核である警部(同相当職)の資質向上を図るため、第2回幹部力向上研修会「EXPO」(エキスポ)研修会を開催した。指定研修員24人以外にも本部の警部(同相当職)以上の職員も聴講できるオープン参加とし58人が出席した。研修会では、東北学院大学経営学部の鈴木好和教授が「組織運営について」と題して講話を行った(写真)。

宮城県警で幹部力向上研修会「EXPO」(エキスポ)研修会を開催

◆「命の大切さを学ぶ教室」を開く

大阪府豊能署総務課が事務局を務める豊能町・能勢町被害者支援協議会の主催で「命の大切さを学ぶ教室」が管内の中学・高等学校で開かれた。犯罪被害者の遺族が講演し、被害により受けた数々の痛みや命の大切さについて、生徒や防犯関係者に講演者が自らの言葉で直接語りかけ訴えた。

 

~放射塔~愛知県小牧署でアイドルユニットと協力し非行防止啓発活動

○…愛知県小牧署は、小牧山城築城450年を記念し、市民公募で結成されたアイドルユニット「小牧戦国少女隊」(写真)に協力してもらい、管内のショッピングセンターで非行防止啓発活動を実施した。
○…小学5年生から高校生までの17人で構成される同隊のメンバーから非行防止を呼び掛けてもらうことで、子供たちの規範意識を高めるねらい。水野署長のあいさつの後、メンバーはステージ上でダンスを披露したほか、一人一人が自己紹介と非行防止に関する約束を読み上げた。
○…この日は同隊15人とともに、小牧少年補導委員会松浦会長ほか16人、小牧市教育委員会文化振興課長ほか2人、小牧少年補導委員会などが参加。啓発標語入りのティッシュ1000個を配り、非行防止を広く市民に訴えた。

愛知県小牧署でアイドルユニットと協力し非行防止啓発活動

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer