日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆夏期の水難・山岳遭難発生状況

警察庁は平成25年夏期(7月~8月)の「水難発生状況」と「山岳遭難発生状況」をまとめた。水難発生件数は573件、水難者数は664人で、昨年同期間に比べそれぞれ減少した。山岳遭難発生件数は569件、遭難者数は625人で、昨年同期間に比べ発生件数は増加、遭難者は減少した。発生件数は統計の残る昭和43年以降で最も多かった。

◆金融機関とサイバー犯罪対処の協定結ぶ

不正アクセスなどのサイバー犯罪が悪質・巧妙化していることから、大阪府警は、銀行などの金融機関と共同対処に関する協定を結び、連携強化を図った。緊密な情報共有体制を構築し、サイバー犯罪に的確に対処するためで、府警と金融機関は今後、不正アクセス等の被害拡大防止のための連携やサイバー犯罪捜査での協力関係構築に努める。

   

◆女性警察官の特別対策隊「さくら」を結成

愛知県中署は、高齢者を交通事故や犯罪から守るため、交通課と生活安全課の女性警察官6人で構成する特別対策隊「さくら」を結成し(写真)、9月から運用を開始している。高齢者が参加する会合の場などを利用し、出前型の交通・防犯講習会などを展開する。署で行われた発足式では、管内の老人クラブの役員ら約50人などを招き、隊員が寸劇、ゲームなどを取り入れた講習を披露した。

女性警察官の特別対策隊「さくら」を結成

◆スクールサポーターで非行防止教室の競技会

京都府警は、スクールサポーターによる非行防止教室の技術向上を図るため、府警本部で全国初となる非行防止教室競技会を開催した。府警では、府内全署と警察本部に元警察官であるスクールサポーターを44人配置し、学校内外でのパトロール活動や児童・生徒の規範意識を高める非行防止教室の実施などに当たらせている。競技会では万引きやいじめ、スマートフォンの落とし穴などをテーマに、7人のスクールサポーターが教材を工夫するなど、熱心な実演を繰り広げた。

 

~放射塔~「おしん」子役が飲酒運転撲滅キャンペーンで一日署長

○…福岡県博多署は博多交通安全協会、博多区役所と合同で、福岡市博多区の大型商業施設「キャナルシティ博多」で飲酒運転撲滅キャンペーンを開いた。
○…福岡県では、平成18年に幼児3人が、23年には高校生2人が犠牲となるなど、悲惨な飲酒運転事故が相次いで発生。飲酒運転撲滅は県の最重要課題で、この日のキャンペーンでは、今秋、公開される映画「おしん」で主演を務める濱田ここねさんを一日警察署長に任命し、市民に対する啓発活動を強力に展開した。
○…中尾信賢署長が「飲酒運転撲滅は道半ば。飲酒運転をしない、させない、許さない環境づくりのさらなる盛り上がりを図りたい」とあいさつした後、濱田さんが映画の衣装姿で舞台に登場(写真)。一日警察署長の初仕事として、集まった大勢の市民に「飲酒運転はしねぇでけろ。お願えするっす!」と呼び掛けた。

「おしん」子役が飲酒運転撲滅キャンペーンで一日署長

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer