日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆行政対象暴力に対する関係省庁等連絡会議

「第11回行政対象暴力に対する関係省庁等連絡会議」が、警察庁第1会議室で開かれた。会議には同庁はじめ関係省庁18機関、オブザーバーとして全国暴力追放運動推進センター、日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会等の6機関の担当者が出席した。席上、同庁の室城信之組織犯罪対策部長が挨拶、このあと▽平成25年度行政対象暴力に関するアンケート調査結果の説明▽関係省庁による不当要求防止に関する要綱の制定状況・不当要求対応事例等の取組状況の紹介▽外部専門機関からの発言―などが行われた。
  

◆女性職員をダイバーシティ推進室員に指定

福島県警は、県警本部で「福島県警察ダイバーシティ推進室員指定書交付式」を開き、女性職員15人を指定した(写真)。警察官、事務・技術職員、交通巡視員など15人の女性職員を本部内各所属から選出。今後、女性の視点からさまざまな施策の検討に当たる。指定された県民サービス課の岡﨑美加補佐は「自分たちの職場なので後輩のためにも働きやすい職場となるように頑張る」と意気込みを語った。

女性職員をダイバーシティ推進室員に指定    

◆富山県警ではJR女性乗務員と女性警察官の意見交換会

富山県警察鉄道警察隊はJR西日本富山地域鉄道部からの要請を受け、JR西日本の女性乗務員と女性警察官との意見交換会を開催した(写真)。女性乗務員らがリラックスした雰囲気の中で自由に意見交換できるよう男性職員が退席した後、活発に意見を交換。女性乗務員から普段の業務で経験している苦労などが語られた。

富山県警ではJR女性乗務員と女性警察官の意見交換会

◆バスケットボールで非行少年の立ち直りを支援

福岡県警本部少年課は非行少年らの立ち直り支援の一環として、県警察学校で、プロバスケットボール「bjリーグ」で活躍する「ライジング福岡」の選手3人とチアダンスチーム「RFC」の3人に協力してもらい、非行などの問題を抱える少年21人とのバスケットボールやダンスを通じた交流会を実施した。参加した少年らは、選手からドリブルやシュートなどの技術指導を受けたほか、少年5人対選手3人でのゲームに挑んだ。

 

~放射塔~正義のカエル男「ゲロッピィ三兄弟」が復活

○…岐阜県下呂署の署員が扮する、犯罪を許さない署独自のキャラクター「ゲロッピィ三兄弟」がさきごろ復活し(写真)、小学生らを対象とした連れ去り防止講話や交通安全教室などの活動に取り組んでいる。
○…ゲロッピィは平成21年の秋に署員の有志で誕生したものの、昨秋、今春の署員の定期異動により活動が停滞。しかし、地元住民からの強い要望を受け、活動を再開することにした。日本三大名泉の一つ、下呂温泉の足湯から生まれた正義のカエル男で、同署特命係に勤務しているという設定だ。ほかに「ジョロッピィ」「チュロッピィ」の兄弟がおり、名称はそれぞれ「下呂(げろ)」「上呂(じょうろ)」「中呂(ちゅうろ)」という地元の地名に由来している。
○…地元での三兄弟の認知度は高く、復活は市民にも大いに歓迎されている。管内の交通安全協会と防犯協会では、署員が作成したイラスト入り反射材を各種運動で配布している。

正義のカエル男「ゲロッピィ三兄弟」が復活

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer