日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年度の警察庁予算概算要求は2,670億8,800万円

警察庁がまとめた「平成26年度警察庁予算概算要求」は、総額2,670億8,800万円。サイバー空間の脅威への対処が重要課題となっていることから、警察全体の司令塔機能の強化や捜査力を強化する。また、暴力団をはじめとした組織犯罪対策の弱体化・壊滅を推進する。このほか、組織改正として、長官官房参事官(サイバー担当)、捜査支援分析課、組織犯罪対策企画課を新設する。
  

◆鳥取県警がホームセンターと物資調達の協定

東日本大震災を教訓として、組織の危機管理体制を構築するため、鳥取県警は、県内に店舗を展開するホームセンター7社・団体と「災害時における警察活動に必要な物資の調達に関する協定」を締結した(写真)。被災現場などで長期間にわたり活動する警察職員に、必要な軍手やビニールシート、乾電池などの生活用品をスムーズに調達できる体制を確立する。

鳥取県警がホームセンターと物資調達の協定    

◆岐阜県警でヘリへのバイク積み込み訓練を実施

9月1日に実施された「岐阜県総合防災訓練」に先駆け、岐阜県警交通機動隊(広域緊急援助隊交通部隊)と機動隊(同警備部隊)、地域課航空隊、本部警備二課が同日午前7時から、情報収集用二輪車(オフロードバイク)を県警ヘリに積み込む訓練を実施した(写真)。防災訓練でオフロードバイクを使用するため、訓練場所まで県警ヘリで搬送する予定だったことから、実際に災害が発生した場合に備え、円滑な積み込みができるよう行った。

岐阜県警でヘリへのバイク積み込み訓練を実施

◆初任科生が中学生の職場体験を補助

茨城県警察学校は、初任科生を、中学生に対する非行防止教室のプレゼンテーションや指紋採取体験の指導補助、警察装備体験活動の補助などに従事させ、誇りと使命感の醸成と警察活動に対する意欲向上を図った(写真)。社会経験の少ない初任科長期生47人が取組みに従事した。

初任科生が中学生の職場体験を補助

 

~放射塔~「広報宣隊たまてばこ」を立ち上げ

○…鹿児島県指宿署は、振り込め詐欺や交通事故防止の広報活動に当たる「広報宣隊たまてばこ」(独身会員ら12人で構成)を立ち上げた。
○…名称の「広報宣隊」には広報を行き渡らせるという意味が、「たまてばこ」には竜宮伝説が伝わる指宿の市民に親しみを持ってもらうという意味が込められている。署会議室であった旗揚げ式では、ライフセイバー、浦島太郎、乙姫、亀に扮して集結した隊員に対し、吉國署長が「分かりやすく、親しみやすい広報を行ってほしい」とあいさつ。隊長が手作りの玉手箱の中から決意文を取り出し、ドライアイスの白煙が立ち上るなか、「若い力を結集し、広報活動に推進します」と力強く決意表明した。
○…その後、隊員はJR指宿駅に移動し、お盆の帰省客に対する特殊詐欺防止キャンペーンを展開(写真)。驚いた帰省客から写真撮影を求められるなごやかな光景も見られた。現在は、予定している寸劇の稽古に励んでいるという。

「広報宣隊たまてばこ」を立ち上げ

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer