日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の来日外国人犯罪の検挙状況

警察庁は「平成25年上半期の来日外国人犯罪の検挙状況」をまとめた。刑法犯・特別法犯の総検挙件数は昨年同期に比べともに減少した。国籍等別では、総検挙件数・人員ともに中国が約4割を占め最多だった。また、刑法犯では窃盗犯、風俗犯の検挙件数・人員が減少する一方、凶悪犯の検挙件数・人員が増加した。警察では、引き続き国際犯罪組織の実態解明を推進する。
  

◆愛知県警でサイバー犯罪捜査指導官に対する教養を実施

愛知県警サイバー犯罪対策課は、サイバー犯罪の対処能力強化を図るため、サイバー犯罪捜査指導官に対する教養を実施した。パワーポイントでサイバー犯罪捜査検定で行う事前教養の実施方法を詳しく説明、サイバー犯罪捜査指導官が自所属の課員に教養するために必要な基本的知識等の向上を図った。教養では、情報流出体験用システムを使用した情報流出のデモンストレーションを行い、受講者に対して危険性を周知した。

 

◆北海道札幌方面中央署でチャリティバザー

北海道札幌方面中央署は、チャリティーバザーを開き、道公安委員会が犯罪被害者等早期援助団体に指定する「公益社団法人北海道家庭生活総合カウンセリングセンター」に収益金の全額を寄付した(写真)。期間中のバザーの収益金は募金と合わせて4万7,000円に達し、同センターの善養寺圭子室長は「本当に助かります。ありがとうございます」と述べ、署員の善意に感謝を示した。

北海道札幌方面中央署でチャリティバザー

◆奈良県警で「少年健全育成奈良県カンファレンス」開く

奈良県警は、橿原市「かしはら万葉ホール」で、少年警察ボランティアなどを対象とした「少年健全育成奈良県カンファレンス」を開催した(写真)。少年の非行防止と健全育成を図るための社会機運の醸成を目的で、県や県教委、県少年補導員協会連合会、県防犯協会、全国少年警察ボランティア協会が共催し、少年補導員等少年警察ボランティア、教員、各種関係機関・団体など計540人が参加した。

奈良県警で「少年健全育成奈良県カンファレンス」開く

~放射塔~広島県福山北署に高校生が警察の仕事体験

○…広島県福山北署に、将来、警察官になることを希望している高校生2人(男女各1人)が訪れ、警察の仕事を体験し、理解を深めた。
○…生徒2人は警察業務の概要について説明を受けた後、自転車の被害届の受理に始まり、不審な自転車に対する職務質問、照会、任意同行、取調べまでの一連の犯罪捜査を行うロールプレイングや、逮捕術(護身術)訓練、鑑識活動などを体験した(写真)。「海上保安庁と警察の違いは何ですか」「手錠の鍵は一つずつ違うんですか」など体験を通して疑問に感じたことを積極的に質問するなど、前向きに学ぶ姿勢が随所に見られた。
○…体験は2日間に及んだが、2人は「今までテレビドラマでしか見たことのなかったことを実際に体験することができ、ますます警察の仕事に興味を持った」「楽しいことばかりではないと思うけど、将来警察官を目指したい」と決意を新たにしていた。

広島県福山北署に高校生が警察の仕事体験

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer