日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の特殊詐欺認知・検挙状況

警察庁は「平成25年上半期の特殊詐偽の認知・検挙状況」をまとめた。特殊詐欺全体の認知件数は5,388件、被害総額は211億6,708万円で昨年同期に比べ大幅に増加した。このうち振り込め詐欺の認知件数、被害総額も増加し、特にオレオレ詐欺では従来の振り込め型から現金受取型が大きく増加した。また、特殊詐欺事件の検挙件数、検挙人員は大きく増加している。
  

◆愛知県警で署協議会運営マニュアルを改訂

愛知県警は執務資料「警察署協議会運営マニュアル」を改訂し、「警察署協議会に対する懲戒処分事案の説明等」を新たに掲載したほか、運営事務に当たり参考となるQ&A項目を追加した。マニュアルは平成20年4月に作成。「署長編」「副署長・事務局編」の2種で、警察署協議会の基本的な考え方や効果的な運営方法など、それぞれの立場に合わせた内容を体系的に収録している(写真)。

愛知県警で署協議会運営マニュアルを改訂  

◆63人目の署員・駐在所夫人で研修会

宮城県遠田署は署員62人に加え、駐在所夫人を63人目の署員に位置づけている。先月中旬には駐在所夫人への支援を強化する署内組織「Ladies63」を立ち上げるとともに、第1回の駐在所夫人研修会を開いた。研修会では、、支援を担当する女性警察官が夫人と懇談し(写真)、融和・親睦を深め、駐在所生活での不安の払拭を図った。

63人目の署員・駐在所夫人で研修会

◆“豪雨災害の記憶”風化防止に防災広報活動

岐阜県加茂署は、加茂郡八百津町の商業施設で防災広報活動を実施した。平成22年7月の記録的豪雨で土砂災害が発生し、3人が犠牲になるという甚大な被害を受けた八百津町。7月15日で丸3年が経過し、住民の記憶から薄れつつあり、防災意識の低下が危惧されている。今回の防災広報は、防災意識を再度地域住民に植え付けるため、警察と自治体がタッグを組んだ。本部機動隊の特殊車両2台(メガクルーザー、ウニモグ)が駐車場に展示された(写真)。

“豪雨災害の記憶”風化防止に防災広報活動

~放射塔~七夕飾りで彩られた街をマラソンで駆ける

○…秋田県湯沢署の署員6人が、湯沢市の「七夕絵どうろう祭り」期間中(5~7日)に行われた「湯沢七夕健康マラソン」に参加した(写真)。
○…同マラソンは、七夕の飾りで彩られた中心市街地を駆け抜ける地元ではお馴染みの大会。今年も市民など952人が出場し、照り付ける太陽の下、5色の短冊がつるされた笹飾りが揺れる10㌔の目抜き通りを力走した。
○…体力錬成の一環で出場したものの、広報啓発として「交通安全」や「暴力団追放」の文字が書かれたたすきを掛けた6人の姿は、沿道から声援を送る多くの市民の目を釘付けに。日ごろの鍛錬の成果を発揮して上位に入る署員もおり、「さすが警察官だ、体力がある」と称賛する声が聞かれた。

七夕飾りで彩られた街をマラソンで駆ける

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer