日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「平成25年警察白書」を発表

警察庁は「平成25年警察白書」を発表した。特集は「サイバー空間の脅威への対処」と「子供・女性・高齢者と警察活動」の2本。平成24年中に世間を揺るがしたパソコン遠隔操作や大津いじめ自殺、長崎ストーカー殺人等の各種事件を事例に挙げ、資料・考察により現在の犯罪情勢がまとめられている。これら特集を含め、全6章からなる本編と資料編が後に続く。
  

◆埼玉県警とさいたま市の幹部で連絡会議

埼玉県警とさいたま市は、本部長と市長はじめ双方の幹部が治安対策上の課題などについて意見を交わし、共通認識を持つための連絡会議を浦和区高砂の「プリムローズ有朋」で開催した。金山泰介本部長は県内・市内の治安、交通事故の情勢を説明したほか、ヤード対策や生活保護費の不正受給などにも言及。「情報交換を通じて治安の問題点を認識し、安全で安心して暮らせる街づくりに向けた相互理解と協力を深めていきたい」と決意を語った(写真)。

埼玉県警とさいたま市の幹部で連絡会議  

◆富山県警で通信指令・無線通話技能競技会

富山県警と県情報通信部は、地域警察官を対象とした「通信指令・無線通話技能競技会」を県警本部で開いた。無線通話技能と事態対処能力のさらなる向上がねらい。競技には、県内15署から各1チーム(署通信指令担当者と現場警察官の2人1組)が出場。「臨場指令」「現場での事情聴取」「緊急配備発令要請」などの技能を競った(写真)。

富山県警で通信指令・無線通話技能競技会

◆三重県警の塚本警務部長が特別出向者を督励

三重県警の塚本雅人警務部長が、東日本大震災の発災に伴い岩手県宮古署に特別出向中の警察官5人を督励した。出向者に対する慰労と士気高揚を図るもの。塚本警務部長は5人との意見交換会の場で、「三重県の代表者としての誇りと使命感を持って職務に当たってもらうとともに、不慣れな土地であるため、健康管理には十分留意してほしい」と激励した(写真)。

三重県警の塚本警務部長が特別出向者を督励

~放射塔~職員の子どもたちが親の職場を見学

○…石川県警は、今年で6回目となる「夏休み子ども職場見学」を開き、警察職員の子ども52人とその家族39人が参加した。仕事と子育ての両立を図るための職場環境づくりの一環で、親子の触れ合う機会を設けて家族の絆を深めようと、平成20年から開催している。
○…当日、子どもたちは腹話術による交通安全講習を受けた後、警察犬の訓練見学(写真)、鑑識活動の作業体験、白バイやパトカーの乗車体験、逮捕術訓練の体験などを楽しんだ。また、親のいすに座り業務説明を受けるなど、親の仕事に理解を深めていた。
○…家族が職場を見学したことで、職員自身も子育てについて考える有意義な機会となった。県警では今後も、仕事と子育ての両立を図るための職場環境づくりを推進していくという。

職員の子どもたちが親の職場を見学

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer