日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆取調べの録音・録画試行の検証結果まとめる

警察庁は「警察における取調べの録音・録画の試行の検証結果」をまとめた。平成24年4月から裁判員裁判対象事件に係る試行を拡大、平成25年3月までの1年間に、2,637件、4,172回実施、うち拒否事案は178件だった。今後、拒否状況等を客観的に記録するため、入室段階からの録音・録画に取り組んでいく。また、拡大後に従事した取調べ官への調査では、全過程の録音・録画については52.8%がそうすべきでない、義務付けは88.8%が個別の事件ごとに判断すべきと回答した。
  

◆警視庁で万引き追放SUMMERキャンペーン

7月24日、警視庁は東京・日比谷公会堂で「万引き追放SUMMERキャンペーン」を開催した。万引きに関する総合的な対策を推進させることがねらい。西村泰彦警視総監のあいさつ(写真)に続き、万引き防止公開講座(少年育成課)、万引き防止音楽劇(二期会・マミーシンガーズ)等を実施した。

警視庁で万引き追放SUMMERキャンペーン  

◆静岡・神奈川県警が高速道路で交通指導取締まり

静岡県警と神奈川県警は7月19日から、夏期の行楽期や県境付近での交通事故を防ぐため、高速道路での交通指導取締りを実施している。両県警が共同で交通指導取締りに当たるのは初めて。8月18日まで、同時間帯検問や静岡・神奈川職権行使区域内での相互乗り入れによる交通指導取締りを強化する。活動初日には東名高速道路下り足柄サービスエリア駐車場で開始式が開かれ、車両37台、隊員59人が参加した(写真)。

静岡・神奈川県警が高速道路で交通指導取締まり

◆特殊詐欺被害防止へアナウンス音声を作成

三重県大台署では、特殊詐欺被害防止のためのアナウンス音声を作り、広報活動で活用している。高齢者率が約4割を占める管内で、今年に入り特殊詐欺被害が2件発生しているためだ(被害額計1,700万円)。生活安全課長が文を考え、これを女性警察官が吹き込んだ。6月14日の「振り込め詐欺等撲滅の日」と、6月20日の「犯罪抑止対策強化日」には、音声を流して管内全域をパトロールした。

~放射塔~「交通戦隊アンゼンジャー」がデビュー

○…山形県村山署は小学生の交通安全教育を効果的に進めようと、署独自のキャラクター「交通戦隊アンゼンジャー」(写真)をデビューさせた。
○…同署交通課の大貫和也警部補が「小学生の交通事故を防止する活動を増やしてほしい」という地域の声に応え、企画・作成した。「地域の交通安全を守るために立ち上がったヒーロー」というコンセプトで、全体的に丸みを帯びたコミカルな外見が特徴。戦隊ヒーローたちのマスクには、交差点や横断歩道がそれぞれデザインされている。
○…児童に交通ルールを指導する交通安全クイズで、問題を出したり回答したりして何度も登場する。危ないことが大好きな「危険の種軍団」を退治するという設定だ。「人々の安全を守るため、戦えアンゼンジャー!」。

「交通戦隊アンゼンジャー」がデビュー

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer