日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の不正プログラム解析件数は385件

警察庁は平成25年上半期の「不正プログラム解析の状況」についてまとめた。解析件数は385件で、平成24年下半期の約3.3倍となり、過去最多となった。同庁では、巧妙化・複雑化が顕著な最近の不正プログラムについてサイト管理者や一般ユーザに注意を呼びかけている。また、引き続き不正プログラム解析をはじめ高度な情報技術解析を推進する体制を確立するほか、専科教養枠を拡大し、解析官等解析能力に優れた人材を育成する。
  

◆スマホのフィルタリング徹底を携帯4社に要請

大阪府と大阪府警は携帯電話事業者4社に対して、青少年が使用するスマートフォンにフィルタリング利用を徹底させるよう呼び掛けた。インターネットを利用する青少年が犯罪やトラブルに巻き込まれる被害が後を絶たないため、府知事と本部長の連名文書で要請した。また、フィルタリングの重要性やネットに潜む危険性を記載した啓発リーフレットを作成。府内の全販売店で、スマートフォンを購入した青少年の保護者に周知してもらう。

 

◆茨城県警で沿岸警戒協力会連合会の総会開く

茨城県警や、沿岸を管轄する県内7警察署の沿岸警戒協力会、海保、税関、県バス協会など16関係団体、5機関の45人が集まる「平成25年度茨城県警察沿岸警戒協力会連合会総会」が、県警本部会議室で開かれた(写真)。同会顧問の佐川壽雄警備部長は「国際テロをはじめ各種犯罪抑止に向け、犯罪を企てる外国人を水際で防ぐことが重要である」と訴えるとともに、不審船・外国人の発見と通報などの協力を依頼した。

茨城県警で沿岸警戒協力会連合会の総会開く

◆神奈川県警で合同二輪車キャンペーン

神奈川県警本部交通総務課の主導で、藤沢北署と大和署の合同二輪車キャンペーンが、二輪車事故が多発している国道467号線の上下線で行われた。両署管轄区域の境目に当たる箇所で、藤沢北署員6人と大和署員5人、女性白バイ隊員2人を含む同課員4人が、国道を走行する二輪車を停止させ、啓発チラシと反射シールのセット約60部を配布。事故に遭わないよう注意を呼び掛けた(写真)。

神奈川県警で合同二輪車キャンペーン

~放射塔~「いぶすきスパレンジャー」が交通安全広報に出動

○…鹿児島県指宿署は、若手警察職員が扮する交通安全広報キャラクター「シグナル戦隊いぶすきスパレンジャー」による広報活動を推進している。
○…名称にある「スパ」は、指宿の観光資源である温泉(スパ)から取ったという。信号をイメージした、青(ブルー)、赤(レッド)、黄(イエロー)の隊員3人で構成する。10日にも、社会科見学で同署を訪れた小学生に対する「子ども交通安全教室」に登場(写真)。三輪車で現れ、おやじギャグを交えながら横断歩道の渡り方や自転車の乗り方について指導すると、子どもたちからは大きな笑いが起こった。
○…また、車両バック中の交通事故も多いため、後ろ(バック)にも気をつけてほしいとの意味を込めた、スパレンジャーの必殺技「バック転」には引率の先生からも笑いが。スパレンジャーは、今後も積極的な交通安全広報に努めると、意気揚々だ。

「いぶすきスパレンジャー」が交通安全広報に出動

 

▼2013年1月~6月

2013年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2013年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



footer